チェック・ポイント、APT対策等図れる協調型脅威情報配信を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


チェック・ポイント、APT対策等図れる協調型脅威情報配信を発表


掲載日:2012/05/09


News

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は、サイバー犯罪阻止を図る脅威情報配信サービス「Check Point ThreatCloud」を発表した。

 「Check Point ThreatCloud」は、世界各地にある脅威センサを連携させたネットワークから脅威データを収集・総合し、セキュリティ・ゲートウェイに配信する。また、ボットを発見するために2億5000万件以上のアドレスを調査し、450万件のマルウェア・シグネチャや30万件の感染サイトも分析した上で、脅威情報のアップデートをゲートウェイに直接配信し、新しいAnti-Bot Software Bladeや拡張されたAntivirus Software Bladeの機能を強化する。

 これらにより、ボットやAPT(Advanced Persistent Threats)などのマルウェアに起因する脅威に対して、予防措置など適切な対策をタイムリーに行なえる。また、Software Bladeアーキテクチャの新リリース「R75.40」と併用することで、マルチレイヤの脅威対策を適用して、高い水準のセキュリティ維持を図れる。

 サイバー犯罪阻止を図るための協調型ネットワークで、データは世界各地の脅威センサを連携させたグローバル・ネットワークに基づいて動的に更新される。導入企業は、「ThreatCloud」をベースに脅威データを共有、協調してマルウェアの攻撃阻止を図れる。利用する際には、独自の脅威データを入力するか、セキュリティ・ゲートウェイを通じて配信されるアップデートから脅威情報を受け取れる。新しいボットやマルウェアによる脅威が検出されると、マルウェアの識別子(IPアドレスやURL、DNS(Domain Name System)など)が送信され、アップデート情報が迅速に世界中の通信先やユーザに配信される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

次世代エンドポイントセキュリティの決定版 「All-in-One EDR」とは? 【マクニカネットワークス】 未知のマルウェアをどう防御する? 主要ツールで検証するシナリオ別脅威対応 【マカフィー】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 ランサムウェアから企業を守る「4つのベストプラクティス」とは? 【Commvault Systems Japan】 ランサムウェア感染で身代金を払わないための「6つのヒント」 【Commvault Systems Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
次世代エンドポイントセキュリティの決定版 「All-in-One EDR」とは? 未知のマルウェアをどう防御する? 主要ツールで検証するシナリオ別脅威対応 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 ランサムウェアから企業を守る「4つのベストプラクティス」とは? ランサムウェア感染で身代金を払わないための「6つのヒント」

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039319


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ