富士通、アプリケーションを預かり保守効率向上図るサービス出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、アプリケーションを預かり保守効率向上図るサービス出荷


掲載日:2012/04/27


News

 富士通株式会社は、ユーザが保有している業務システムをクラウド環境に移行するサービス「APMモダナイゼーションサービス for Cloud」で、既存の業務アプリケーションを同社が預かり、保守の効率を向上させる新サービス「アプリケーション資産お預かりサービス」の出荷を5月に開始する。価格は、月額12万5000円から。

 「アプリケーション資産お預かりサービス」では、アプリケーション資産を効率的に保守するための作業プロセスとツールを提供する。ビジネス状況に対応するために、預かったアプリケーション資産を分析し、定期レポートが提供される。アプリケーションを適切な状態に維持するためのアプリケーション保守基盤も新たに追加される。

 作業プロセスとツールが提供され、実践手順を整備したマニュアル群も提供されるため、導入後すぐに作業できる。作業プロセスは、同社の保守現場での実績と、ITILでの作業体系をベースに整備された、実践に即したプロセスフローなので、現状の運用保守環境からスムーズな移行を図れる。

 従来提供していた資産分析サービスの技術を利用した、アプリケーション資産の様々な分析レポートが毎月提供され、短期/中長期での業務システムの改善計画の立案に活用できるほか、業務アプリケーションの継続利用や再構築の必要性の判断など、ビジネス状況に合わせた無駄のない既存のアプリケーション資産の活用を図れる。

 同社のクラウド環境「FGCP/S5」上に、業務システムの保守現場で実際に活用されているツール群を構築して提供する。堅牢なデータセンタで運用されるため、災害対策のバックアップ用としても利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額:12万5000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 次世代インメモリデータベース「SAP HANA 2」に最適なプロセッサとは? 【インテル】 あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 従来の手法は通用しない? Windows 10を最大限に活かす“プラスワン”とは? 【ヴイエムウェア株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? クラウドの柔軟な拡張がオンプレミスでも 新たなIT消費モデルとは? 高速データ基盤がさらに進化、「SAP HANA 2」はなぜここまで速くなったのか? あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 従来の手法は通用しない? Windows 10を最大限に活かす“プラスワン”とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039242


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ