富士通、アプリケーションを預かり保守効率向上図るサービス出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、アプリケーションを預かり保守効率向上図るサービス出荷


掲載日:2012/04/27


News

 富士通株式会社は、ユーザが保有している業務システムをクラウド環境に移行するサービス「APMモダナイゼーションサービス for Cloud」で、既存の業務アプリケーションを同社が預かり、保守の効率を向上させる新サービス「アプリケーション資産お預かりサービス」の出荷を5月に開始する。価格は、月額12万5000円から。

 「アプリケーション資産お預かりサービス」では、アプリケーション資産を効率的に保守するための作業プロセスとツールを提供する。ビジネス状況に対応するために、預かったアプリケーション資産を分析し、定期レポートが提供される。アプリケーションを適切な状態に維持するためのアプリケーション保守基盤も新たに追加される。

 作業プロセスとツールが提供され、実践手順を整備したマニュアル群も提供されるため、導入後すぐに作業できる。作業プロセスは、同社の保守現場での実績と、ITILでの作業体系をベースに整備された、実践に即したプロセスフローなので、現状の運用保守環境からスムーズな移行を図れる。

 従来提供していた資産分析サービスの技術を利用した、アプリケーション資産の様々な分析レポートが毎月提供され、短期/中長期での業務システムの改善計画の立案に活用できるほか、業務アプリケーションの継続利用や再構築の必要性の判断など、ビジネス状況に合わせた無駄のない既存のアプリケーション資産の活用を図れる。

 同社のクラウド環境「FGCP/S5」上に、業務システムの保守現場で実際に活用されているツール群を構築して提供する。堅牢なデータセンタで運用されるため、災害対策のバックアップ用としても利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額:12万5000円〜

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

“攻め”のデータ保護、リソースの無駄を見つけて仮想環境の真価を引き出すには 【Veeam Software japan】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】 クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 特別対談:次世代ITで広がる企業の「格差」──SDx時代に何をすべきか 【日本ヒューレット・パッカード】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
仮想化によるサーバ集約率が高い環境で、バックアップ処理の負荷が性能を損ねてしまうのはもったいない。トラブルを未然に防ぐ「攻めのデータ保護」はできないだろうか。 システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは? クラウドの柔軟な拡張がオンプレミスでも 新たなIT消費モデルとは? あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 特別対談:次世代ITで広がる企業の「格差」──SDx時代に何をすべきか

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039242


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ