日本IBM、OSがLinux限定で、大規模分散処理に適したサーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、OSがLinux限定で、大規模分散処理に適したサーバを出荷


掲載日:2012/04/26


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、IBMのプロセッサ「POWER7」を搭載した高性能・高信頼サーバ「IBM Power Systems」ファミリーで、OSをLinuxに限定したLinux専用サーバ「PowerLinux 7R2」の出荷を5月4日に開始する。最小構成価格は135万5700円。

 「PowerLinux 7R2」では、x86サーバをLinux環境で利用しているユーザが、従来と同価格帯で、高性能・高信頼なLinux環境を構築でき、24時間365日停止できないミッション・クリティカルな業務システムやビッグデータなどに利用される大規模分散処理にも活用できる。

 障害探知機能やエラー訂正機能、スペア部品への切り替えなど、業務停止の防止を図るための機能が装備された「Power Systems」のテクノロジーを継承し、一般的なx86サーバに比べ信頼性に優れている。同サーバ向け仮想化機能“PowerVM for PowerLinux”は、従来の仮想化機能“PowerVM”と同様に優れたセキュリティを備えているほか、命令実行時のオーバーヘッドの発生を回避する設計を採用していて、仮想化環境でも物理環境と同等の性能を提供する。

 2個(ソケット)のPOWER7プロセッサを備え、最大64スレッドの並列処理能力を提供、プロセッサとメモリ間の高速処理を行なえるため、ビッグデータの分散処理を行なうOSS「Hadoop」にも適している。同社の検証では、同じコア数で、x86サーバでHadoop処理を行なう場合に比べ、1秒あたりの処理件数(スループット)が約40%向上した。また、PostgreSQLを同サーバで活用する場合、同サーバの処理能力が最大限活用され、高速なDB処理を行なえる。

 OSSを組み合わせて活用することで、大規模な分散処理が求められる統計解析やDBのオンライン・トランザクション処理に適用できるほか、仮想化機能を利用することで、これらの業務を単一システム上に統合でき、効率の高いシステムを低価格・高信頼環境で構築できる。


出荷日・発売日 2012年5月4日 出荷
価格 最小構成価格:135万5700円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039223


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ