富士通FIP、暗号化ファイル伝送ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通FIP、暗号化ファイル伝送ツールを発売


掲載日:2012/04/26


News

 富士通エフ・アイ・ピー株式会社は、大容量のデータをインターネット経由で安全・簡単に伝送できる、暗号化ファイル伝送ツール「Confidential Posting」を発売した。

 「Confidential Posting」では、同社が開発した“ラッピング技術”が用いられている。同技術では、データの“圧縮”“暗号化”“復号化”などの機能をデータとともにアーカイブできる。また、復号時のサーバ認証が可能なほか、送信元を記憶し、返信先を自動でセットできる。

 これらにより、データの受信者側はID登録やセットアップ不要でデータを受信・返信できる。また、データをインターネット回線に送出する前(端末)に、AES(Advanced Encryption Standard)での暗号化が行なわれる。誤送信した際も、データ送信後の復号化取り消しが可能で、高セキュリティでデータを伝送できる。

 オプションで、上司の承認がないとデータを送信できないようにワークフローを設定でき、内部統制への対応を支援する。同じくオプションで、既存のアドレス帳(Windowsメール、Outlook2007/2010)やActive Directoryと連携して宛先を指定できるため、送信先を簡単に選択できる。また、フォルダをそのまま送信できるため、複数ファイルも簡単に送信できる。

 ユーザ個別の業務環境にあわせ、柔軟にカスタマイズできる。既存の社内システムとの連携や運用にあわせた導入が可能なので、現在の環境の変更を抑えられる。


出荷日・発売日 2012年4月25日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039211


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ