ソニー、画面に書き込みなどを行なえる液晶プロジェクタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー、画面に書き込みなどを行なえる液晶プロジェクタを発売


掲載日:2012/04/25


News

 ソニーは、新たに“インタラクティブ機能”を内蔵した超短焦点液晶プロジェクタ「VPL-SW535C」を5月に発売する。価格はオープン価格。

 「VPL-SW535C」は、70インチのスクリーンに約42cmの距離で投写できるほか、3000ルーメンの明るさを備え、明るい部屋でも快適に使用できる。付属のソフトウェアをインストールしたPCを接続し投写すると、投写画面に付属のペンで文字や図形の書き込みが行なえる。ペンは2本付属し、同じ投写画面に2名で同時に書き込める。

 付属のペンはマウスとしても機能し、投写画面上でプログラムの起動やファイルの選択などの基本的なPC操作を行なえる。“インタラクティブ機能”を使用して書き込んだ内容をPCに保存して議事録として利用したり、授業で書き込んだ内容を保存して次の授業で使用するなど、授業や会議の効率向上を図れる。また、ミラーを内蔵することでミラーからの光漏れによる眩しさも低減されていて、チョークの粉やホコリなどの汚れもつきにくいなど快適に使用できる。

 上下方向±約4%、左右方向±約2%のレンズシフト機能や、1.05倍の光学ズーム機能を搭載しているため、設置時やメンテナンス時の投写位置調整やフォーカス調整を容易に行なえる。また、最大消費電力は290Wを達成しているほか、信号無変化時に自動で徐々に減光する“ランプ減光モード”や、画像ミュート時にランプ出力を約70%ダウンする機能を搭載するなど省エネにも配慮している。最長6000時間の長寿命ランプを搭載しているほか、ランプ交換時までメンテナンス不要の高性能フィルタを装備するなど購入後のコスト低減を考慮している。

 10Wスピーカーを搭載しているほか、高品位な画像も伝送できるHDMI端子を搭載している。また、壁付け用の金具が同梱され、金具の追加コスト不要で壁面取り付けを行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039171


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ