ゾーホージャパン、クラウド型顧客管理にFacebook連携機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ゾーホージャパン、クラウド型顧客管理にFacebook連携機能を追加


掲載日:2012/04/23


News

 ゾーホージャパン株式会社は、クラウド型顧客管理サービス「Zoho CRM」にFacebook連携機能を追加し、提供を開始した。

 「Zoho CRM」では、商談・顧客情報の管理・共有サービスを提供する。これまでソーシャル・ネットワーキング・サービスとの連携を進めていて、今回、Facebookとの連携機能が新たに追加され、CRMに登録されている顧客情報と、その顧客のFacebookプロフィールを簡単に関連付けられるようになった。

 「Zoho CRM」に登録されている顧客のメールアドレスや氏名情報をもとに、Facebookのプロフィールを検索して関連付けられ、Facebookのプロフィールから、勤務先や職位、卒業した学校、居住地、ウォールの書き込み情報などを確認できる。こうした情報をもとに適切なコミュニケーションをとることで、商談の確度向上を図れる。

 Facebookのウォール上で顧客が商品やサービスについて書き込みを行なっていた場合には、「Zoho CRM」の画面から直接返信できる。また、ウォールの更新情報を確認して“いいね!”を押したり、コメントすることで、顧客と継続的にコミュニケーションを図れ、次に電話した時に、個々の顧客の状況やニーズに合った話ができるようになる。

 利用料金は、3ユーザまでの「無料プラン」が無料、「プロフェッショナルプラン」が年額1万7280円、「エンタープライズプラン」が年額3万6000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 【Sansan】 ポイント管理ソリューション PointInfinity 【日立ソリューションズ】 企業収益に影響大、営業・マーケティング間の「5つのギャップ」を解決する方法 【日本マイクロソフト】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】
CRM CRM CRM CRM CRM
受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ ポイントカードなどの会員情報やポイント付与/利用の管理やキャンペーンの管理、加盟店の管理など、ポイントシステムの構築・運用に必要なあらゆる機能を提供する。 企業収益に影響大、営業・マーケティング間の「5つのギャップ」を解決する方法 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039142


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ