アプレッソ、複数スケジュール自動同期ソフトをOffice 365に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アプレッソ、複数スケジュール自動同期ソフトをOffice 365に対応


掲載日:2012/04/20


News

 株式会社アプレッソは、複数スケジュール自動同期ソフト「PIMSYNC 2.0」のスケジュール自動同期先に「Microsoft Office 365 Exchange Online」(Office 365)を追加し、出荷を開始した。

 「PIMSYNC」では、企業内に混在し併用されている複数のグループウェア/SFA(営業支援)/CRMなどのスケジュール機能に別々に登録されている情報を、自動的に同期できる。

 今回同期先に追加された「Office 365」は、Microsoft Officeの共同作業/生産性向上ツールをクラウド経由で利用できるサービス。「PIMSYNC」を利用することで、「Office 365」のスケジュールと他のグループウェアなどとの間で、予定に関する情報を自動同期できる。これにより、複数スケジュール利用時の矛盾や重複入力の問題を回避でき、予定に関する業務効率化を支援する。

 「Office 365」連携機能は、「PIMSYNC」の標準パッケージに含まれて提供される。


出荷日・発売日 2012年4月18日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 「メールボックスがいっぱい」にまだ悩んでいる? 進化する“解決策” 【日本マイクロソフト株式会社】 Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 【日本マイクロソフト】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 「メールボックスがいっぱい」にまだ悩んでいる? 進化する“解決策” Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039108


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ