I-Oデータ、ビジネスNAS「LAN DISK XV」をDropboxとIPv6に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、ビジネスNAS「LAN DISK XV」をDropboxとIPv6に対応


掲載日:2012/04/20


News

 株式会社アイ・オー・データ機器は、ビジネスNAS「LAN DISK XV」を、クラウドストレージサービス「Dropbox」とIPv6に対応させた。

 今回「Dropbox」に対応したことで、「LAN DISK」の指定フォルダを「Dropbox」と同期させることができ、社内で「LAN DISK」に共有しておいたファイルを、外出先でもスマートフォンやPCから閲覧/編集/削除できる。また、IPv6に対応したことで、今後普及するIPv6ネットワーク上でも「LAN DISK」を使用できる。

 対応製品は「HDL-XV」シリーズ・「HDL-XV/2D」・「HDL-XVLP」シリーズで、新ファームウェア(1.43以降)をサポートライブラリからダウンロードして適用する必要がある。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「SQL Server 2016」の性能はどれだけ向上する? SSD環境とHDD環境を徹底比較 【日本ヒューレット・パッカード+他】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 SQL Server+フラッシュストレージはどこまで「買い」か 【日本ヒューレット・パッカード+他】
NAS NAS NAS NAS NAS
「SQL Server 2016」の性能はどれだけ向上する? SSD環境とHDD環境を徹底比較 適切に管理し活用する「データレイク」とは? Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る 中堅・中小企業のIT予算でも、フラッシュストレージを使った業務アプリのDB高速化が現実的に。大手SI企業が「これならば」と納得して推薦する製品は他と何が違うか。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039107


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ