CA Technologies、プロジェクト・ポートフォリオ管理の新版出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA Technologies、プロジェクト・ポートフォリオ管理の新版出荷


掲載日:2012/04/19


News

 CA Technologiesは、プロジェクト・ポートフォリオ管理ソリューション「CA Clarity・Project and Portfolio Management」の新版「CA Clarity PPM v13」の出荷を開始した。参考価格は1ユーザ1ヵ月当たり8100円(100ユーザの場合)。

 「CA Clarity PPM v13」は、新製品や新サービスのアイディア管理から製品・サービスのリリースまでのイノベーション・ライフサイクルの管理能力が向上していて、イノベーションの推進を図れる。企業にバリュー・ロードマップを明示し、様々な情報に基づいた経営判断を支援でき、ビジネス戦略にITの取り組みを整合させることで、ビジネスの変革を図れる。また、事業計画とIT投資の適切なポートフォリオを描き、人材リソース/資産/資金を有効的にコントロールすることで、ビジネスの継続的な成長を支援する。

 操作性が向上している上、新たに統合エンタープライズ・ソーシャル・コラボレーション機能が追加されたことで、チャット機能を使用したコミュニケーションを行なえるほか、ウォーターフォールとアジャイル開発をハイブリッドで管理でき、部門間やチーム間のコラボレーションの促進を図れ、イノベーションの推進を図れる。ITやビジネスの取り組みを遂行する際に、情報を一元的に管理でき、関連する作業やリソース、予算、パフォーマンスを統合管理できるため、PPMの活用方法の変化を図れる。

 コラボレーション機能では、アイディア収集からコミュニティとのコラボレーション、要件プランニングやアジャイル・プランニングを通じてイノベーションを図れる。Salesforce.comのChatterアプリケーションを活用することで、ソーシャル・コラボレーションを取り入れ、要件プランニングとアジャイル・プロジェクトの納品工程の改善を図れる。

 ユーザ・インターフェースが一貫性のあるシンプルなものに一新され、生産性向上を支援する。インクリメンタル・サーチ機能やインライン編集が提供され、数クリックで情報へのアクセスや管理を行なえるほか、画面のパーソナライズやお気に入りの保存を行なえる。また、インタラクティブなチャート、ダッシュボード、ガント・チャート・ビューが向上したことで、リアルタイムにPPM情報にアクセスできる。

 オンプレミスに加え、オンデマンド(SaaS)でも提供されるため、より短期間でソフトウェア投資効果を期待できる。


出荷日・発売日 2012年4月18日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「プロジェクト管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクト管理」関連情報をランダムに表示しています。

「プロジェクト管理」関連の製品

Sciforma 7.0 「PPMソリューション」 【サイフォーマ】 PMBOK準拠プロジェクト管理「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】
プロジェクト管理 プロジェクト管理
ポートフォリオレベル及びプロジェクトレベルで、スケジュール、リソース、コスト/予算の計画立案と実績の監視・コントロールや意思決定を支援するPPMツール。 ●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●7年で130社以上の導入実績。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039091


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > プロジェクト管理 > プロジェクト管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ