ディー・オー・エス、Android端末管理製品とIT資産管理リリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディー・オー・エス、Android端末管理製品とIT資産管理リリース


掲載日:2012/04/19


News

 株式会社ディー・オー・エスは、Android端末管理の新製品「SS1 Mobile Manager for Android」と、IT資産管理ソフト「SS1」の新バージョン「ver.6」を7月にリリースする。

 「SS1 Mobile Manager for Android」は、Android端末の各種情報や利用状況を簡単/迅速に取得でき、業務利用でのセキュリティリスクの軽減や運用コストの見直しに活用できる。また、Android端末のネットワーク使用状況を把握することで、コストの削減に利用できる。

 「SS1 ver.6」では、「SS1」の基本機能“IT資産管理機能”が更に強化されていて、「SS1 Mobile Manager for Android」と連携して運用することで、PCやiPhone、Android端末の資産情報を一括管理できる。社内の様々なIT資産状況の把握と有効活用に利用でき、より効率的なIT資産管理を図れる。また、mixi/Facebook/Twitterの利用と書き込みを制限できる“SNS利用制限”を備えていて、情報漏洩の防止を図れる。“ワークフローを利用したデバイス利用申請”で管理業務の簡略化を図れるなど、管理効率に配慮した新機能も搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは 【フィールドワン】 資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 移行時期が迫る「Windows10」――導入を成功させる秘訣は? 【東芝クライアントソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 移行時期が迫る「Windows10」――導入を成功させる秘訣は?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039076


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ