日本HP、無停止サーバの高速化機能をSSD搭載などで強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、無停止サーバの高速化機能をSSD搭載などで強化


掲載日:2012/04/18


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、無停止サーバソリューション「HP Integrity NonStop BladeSystem」の高速化機能を強化したと発表した。

 「HP Integrity NonStop BladeSystem」は、24時間365日の連続稼働をコンセプトに設計され、優れた可用性と拡張性を備えた無停止サーバソリューション。今回の機能強化では、高速ストレージのSSD(Solid State Drive)に対応したほか、コアレベルの新ライセンスが提供され、最大メモリ容量がプロセッサ当り64GBに増強された。

 対応ストレージとして、従来までの内蔵SASストレージと高可用性大容量ストレージ「HP Storage P9500」シリーズに加え、SSD 200GBを搭載できるようになった。今回、独自ツール「SMARTSSD Wear Gauge」を搭載したことで、SSDの書き込み制限の問題に対処し、SSDの利用状況を把握してサーバ全体の監視システムと一元管理することで、無停止サーバへのSSD搭載が可能になった。SSDのボリュームを複数に分割して管理する機能も搭載している。SSDを搭載することで、トランザクション性能向上を図れる上、設置スペース削減や電力低減も図れる。また、データ配置の最適化を図れ、データのアクセス頻度、レスポンス、重要度に基づいた適材適所のストレージ選択を行なえる。

 新たにコアレベルのライセンス「コア・ライセンシング」が提供される。新ライセンスでは、「HP Integrity NonStop BladeSystem 54000c/54000c-cg」に搭載されている1プロセッサに含まれる4コアのうち、初期状態では2コアのみを利用するという使い方ができるため、予期しない急激なトランザクション量の増加など、緊急に性能拡張が必要になった場合に、ライセンスファイルを追加するだけで4コア構成を利用したフルパフォーマンス(2コアに対して約1.72倍〜相当。環境依存)を即座に利用できる。ライセンス価格は、ソフトウェア構成により異なるが、4コアを最初から導入する場合に比べ約6割なので、初期導入コストを抑え、スモールスタートからの柔軟・迅速な性能拡張を図れる。

 搭載する最大メモリ容量が従来の48GBから64GBに増強されたことで、SSDを搭載した際のトランザクション性能の向上、「コア・ライセンシング」を利用した緊急の性能拡張に対応する大容量メモリを確保できるほか、オープン系アプリケーションの64ビット化にも対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「クラスタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラスタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「クラスタリング」関連の製品

ソフトウェアFT「Stratus everRun」 【日本ストラタステクノロジー】
クラスタリング
2台1組のPCサーバでフォールト トレラント(FT)システムを実現。簡単・堅牢・安価に高信頼性仮想化システムを実現する可用性ソリューション。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039052


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ