提携:日立など、グローバル事業展開ユーザ向けクラウドを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日立など、グローバル事業展開ユーザ向けクラウドを提供


掲載日:2012/04/16


News

 株式会社日立製作所(日立)と日本マイクロソフト株式会社は、グローバル事業を展開するユーザ向けのクラウドソリューション提供で提携し、グローバルでのサポートを両社が連携して提供する。

 今回の提携では、日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」とマイクロソフトのデータセンタから提供されるパブリッククラウドサービス「Microsoft Windows Azure Platform」を連携させた。事業をグローバル展開しているユーザは、既存IT資産の有効活用や安全なクラウド間連携を図れる上、事業環境の変化にも迅速な対応を図れる。

 日立はコンサルティング、システムインテグレーションサービス、高品質・高信頼なクラウドサービスに加え、データセンタ連携の技術としてWAN高速化技術、統合運用管理技術などを提供する。マイクロソフトは、「Windows Azure Platform」の最新技術や、統合運用に必要な情報や技術、世界各地域のデータセンタとの連携技術を提供する。

 既存IT資産を有効活用できるハイブリッドクラウドが提供される。Windows Azure Platformは、Windows上のアプリケーションの移行を容易に行なえるため、ユーザの既存アプリケーション資産をクラウド化して有効活用できる。グローバルで実績を備えたWindows Azure Platformや、クラウドサービスプラットフォーム「Cosminexus」を利用することで、海外拠点の増減に応じた、効率的な業務環境の構築・拡張が図られる。また、日立の国内データセンタとマイクロソフトの世界各地域のデータセンタが連携したグローバルなハイブリッドクラウドでは、統合システム運用管理「JP1」を利用した統合運用管理を行なうことで、ユーザのITシステムの管理効率向上を図る。

 重要な業務データは、堅牢性の高い構造とハイレベルなセキュリティ環境を備えた日立の国内データセンタに保管され、安全にデータを格納・保管できる。また、日立のWAN高速化装置「日立WANアクセラレータ」を利用することで高速な通信を行なえる上、マイクロソフトのWindows Azure Platformの安全なWAN接続機能「Azure Connect」を利用することで、両社のクラウド間連携で安全な情報連携を図れる。海外拠点の近くにサポート窓口を設置、両社でサポート連携することで、現地で、障害切り分けや問い合わせなどに対する早期対応や、日本国内のシステム管理者との連携を迅速に行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039028


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ