岩崎など、MFPを同期管理サーバにした電子書類共有システム提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


岩崎など、MFPを同期管理サーバにした電子書類共有システム提供


掲載日:2012/04/13


News

 株式会社岩崎とフォーディーネットワークス株式会社(4DN)は、建設現場での情報喪失事故防止と、作業の効率向上を図れるシステム「電子書類共有システム」の提供を開始する。岩崎が販売を行ない、当初は北海道でサービスを開始し、全国展開も検討される。

 「電子書類共有システム」では、デジタル複合機(MFP、リコー製のイマジオシリーズ)を同期管理サーバとして利用し、現場の電子文書をクラウドシステムと自動的に同期化する。災害や事故などの予期せぬ出来事が発生した際も、事業活動を継続、または短期間で事業再開できるように図る。

 MFPが夜間自動的に現場事務所内の電子書類を岩崎本社に設けられたクラウド内のDBに転送して同期をとるため、災害や事故が発生した際も、貴重なデータの消失防止を図れ、早期の復旧を図れる。

 インターネットを利用することで、現場以外の場所、例えば建設企業の本社スタッフがクラウドにアクセスして現場情報を参照でき、電子書類を追加、編集できるため、現場と本社の間で密接に情報を共有でき、作業効率の向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039011


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ