サイバネット、シマンテックのセキュリティをクラウド型で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバネット、シマンテックのセキュリティをクラウド型で提供


掲載日:2012/04/13


News

 サイバネットシステム株式会社は、脅威のブロックやUSBメモリ制御など、基本的なセキュリティ対策をクラウドで提供する「総合セキュリティ対策サービス Powered by Symantec」の提供を開始した。3ヵ月/10デバイスから利用でき、価格は、月額費用が1デバイスあたり500円、初期費用が3万円。

 「総合セキュリティ対策サービス Powered by Symantec」は、シマンテックの総合セキュリティ対策製品「Symantec Endpoint Protection 12」を利用したクラウド型サービス。管理サーバや専任の管理者を置かずに、様々な場所にあるクライアント/サーバのセキュリティ対策を一元管理できる。専任のセキュリティ管理者を置くことが難しい中小中堅企業や、グループ企業の統合管理を図る大企業、社外でのクライアント利用が多い企業が、管理負荷の軽減とコスト削減を図れる。

 セキュリティ関連の知識がなくても簡単に導入/運用できるように、“セキュリティ重視型”“パフォーマンス重視型”など、ユーザの環境に合わせた柔軟なセキュリティメニューが提供される。また、セキュリティの知識を持ったサイバネットのエンジニアがサポートを提供する。

 オプションで持ち込みPC対策も可能。シマンテックの検疫ネットワーク製品「Symantec Network Access Control」を利用して、クライアントが社内ネットワークに接続する際に検疫を行ない、ウイルス定義ファイルが古いなど、あらかじめ設定したセキュリティ要件を満たしていないクライアントを社内ネットワークへ接続させないことで、ウイルスの侵入を防げる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「サイバネットシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

システムの目的別に解説するサーバセキュリティ実装のポイント 【トレンドマイクロ】 他業界も参照すべき医療機関へのサイバー攻撃動向――2つの脅威分析モデルとは 【シマンテック】 脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 【ServiceNow Japan】 脅威への対応が遅い「CSIRT」の共通点は? 運用後に気付く3つの課題 【トレンドマイクロ】 2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン 【トレンドマイクロ】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
システムの目的別に解説するサーバセキュリティ実装のポイント 他業界も参照すべき医療機関へのサイバー攻撃動向――2つの脅威分析モデルとは 脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 脅威への対応が遅い「CSIRT」の共通点は? 運用後に気付く3つの課題 2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039003


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ