ネオレックス、iPadをタイムレコーダに利用できるアプリを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネオレックス、iPadをタイムレコーダに利用できるアプリを提供


掲載日:2012/04/13


News

 株式会社ネオレックスは、クラウド(SaaS・ASP型)勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」で、iPadをタイムレコーダとして利用するための業務用アプリ「バイバイ タイムカード for iPad」の提供を開始した。iPad2以降で利用できる。

 「バイバイ タイムカード」では、従業員の出退勤時刻の記録と、それらの集計作業や給与計算ソフトへの入力作業を自動化できる。

 今回提供開始されたiPadアプリでは、社員やアルバイトなどの勤務者が、iPadのインカメラ(液晶側の自分撮り用カメラ)に、打刻用のQRコードが印刷されたカードをかざすことで、簡単に出勤時刻/退勤時刻を記録(打刻)できる。打刻された情報は、インターネットを通じて「バイバイ タイムカード」のサーバへリアルタイムで送られ、会社ごとに異なるルールにもとづき、休憩の自動挿入や割増の判定などを含む集計をへて、最終的には給与計算用のデータとして出力される。

 管理者用システムは、iPad標準のブラウザ「Safari」でも利用できるため、打刻に利用しているiPadで管理者がシステムへログインし、打刻の修正などを行なえる。これにより、スペースの限られた店舗や、PCなどに詳しくない従業員の多い職場へも、iPadがあれば勤怠管理を開始できる。

 打刻用のカードは、一般的なプリンタで出力でき、低コストで作成できる。アルバイトの入れ替わりがあった場合も、ICカードのような“回収→書き換え→再配布”という流れではなく、辞めた人のカードは破棄するというシンプルな業務フローで利用できる。

 当面はApp Storeでの一般公開は行なわず、業務用のアプリケーションとして契約法人へ直接提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

就業管理システム「クロノス」 【クロノス】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
勤務時間などの自動集計や給与ソフトに連動するデータの作成はもちろん、変形労働時間制やストレスチェックへの対応など様々なニーズにきめ細かく応える先進機能を搭載。 2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038999


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ