FJM、小中学校教職員の事務作業支援するクラウドサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FJM、小中学校教職員の事務作業支援するクラウドサービスを提供


掲載日:2012/04/12


News

 株式会社富士通マーケティング(FJM)は、カシオ計算機株式会社と連携し、カシオ計算機の小中学校向けWeb型パッケージシステム「校務支援システム」をベースにしたFJMのクラウド校務支援サービスの提供を5月に開始する。

 カシオ計算機の「校務支援システム」は、簡単な操作性や各学校や地域の様々なニーズに合わせて運用できる柔軟性を備え、小中学校の教職員が日常的に活用できる実用性に優れたシステム。今回、FJMが同システムをクラウド化し、導入からサポートまでをトータルサービスとして提供する。

 直感的に利用できるメニュー画面と操作ガイドを備え、校務の流れを変えずに効率化を図れる。職員室の黒板をイメージした学校専用グループウェアを利用することで、教職員間に加え、教育委員会と学校間、学校と学校間の情報共有の促進を図れる。児童生徒の出欠・成績管理など、従来のExcelデータを活用しながら情報の一元管理を図れる。また、学校に必要な約30の機能(今日・明日の予定/動静など)を標準搭載、必要に合わせて選択・配置できる設定機能を備えているため、導入・機能拡張時のカスタマイズは不要。地域の方針に合わせて必要な機能や情報共有の制限範囲などを利用者側で自由に設定できるため、地域特性にも柔軟に対応できる。

 FJMが提供するクラウド基盤サービスを活用するため、大きな初期投資は不要で、短期間で利用を開始でき、必要な時に必要な機能を随時拡張できる。また、富士通グループの堅牢なデータセンタを利用しているため、セキュアで災害に強い環境でデータが管理される。サーバの運用管理も不要となり、本来の校務に集中できる。

 システム利用開始時に教職員向け操作教育サービスが行なわれ、すぐにシステムを活用できる。また、校務支援専用コールセンタが設置され、校務支援システムに関する操作サポートをサービス提供と同時に行なうほか、オプションでハードウェアのサポート窓口まで一括で行なえ、サポートの一元化で運用負荷軽減を図れる。

 価格は内容により個別見積で、グループウェア1校あたりの参考価格は月額2万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038965


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ