Skeed、PtoP技術活用し、高速アクセス可能なデータ蓄積基盤出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Skeed、PtoP技術活用し、高速アクセス可能なデータ蓄積基盤出荷


掲載日:2012/04/06


News

 株式会社Skeedは、ビッグデータ時代のデータ蓄積基盤製品「SkeedObjectStore」の出荷を4月27日に開始する。価格は750万円から。

 「SkeedObjectStore」は、大容量ファイルを取得できるミドルウェアで、同社のPtoP技術を使用することで、複数サーバで構成されるクラスタ上に分散データ蓄積基盤を形成、データを分散・複製・保持する。同時に、保持されている大容量ファイルや、アクセス集中で入手しづらいデータファイルへの高速アクセスを行なえるスケールアウト型データ配信基盤を形成する。

 複数サーバを協調、連携させることでオーバーレイネットワークを形成、分散データ蓄積領域を創出した上、レプリケーションに基づく分散配置やデータ喪失の回避を図れる。アクセス時には、ファイル共有ソフト「Winny」のノウハウをもとに作られた大容量データ配信ソフトウェア「SkeedCast」で培ったスケールアウト型高速データ配信技術のノウハウを適用することで、大容量ファイルなどを可能な限り迅速に入手でき、HPCや大規模ファイルシステムの分散データ蓄積基盤として効果的な活用を図れる。

 “SOSモジュール”を適用することでサーバ群を協調、連携させ、ファイルの分散配置を図れる分散データ蓄積領域を形成する。“SOSネットワーク”では、任意のサーバや端末を追加できるため、蓄積領域を柔軟に拡張できる。また、投入データ(ファイル)の重要度に応じた柔軟なレプリケーションを図れ、ブロック化されたファイルを任意の冗長構成で分散配置を図れる。重複データを排除することで、データ蓄積領域を効率的に活用できるほか、客観性のあるハッシュ値を採用することで整合性の維持を図れる。

 レプリケーションを利用した分散データ蓄積に加え、SkeedCastで培ったPtoP技術に基づくスケールアウト型高速データ配信技術が応用されていて、データにアクセスした端末自身も取得データを保持、配信するため、大容量ファイルなども、より高速に取得できる上、ネットワーク規模の増大に合わせてスケーラビリティを確保できる。


出荷日・発売日 2012年4月27日 出荷
価格 750万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

kintone 【サイボウズ】 製造業にとっての命綱、技術文書管理の革新が競争力強化をもたらす 【パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社】 企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
「チームで使う」ことに特化したWebデータベース。用途に応じたアプリが用意されており、すぐに業務で使い始められる。
30日間無料でお試し可能。
製造業にとっての命綱、機密文書管理の革新が競争力強化をもたらす 複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038907


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ