富士通コンポーネント、UXGA/SSH暗号化通信対応のIP-KVMを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通コンポーネント、UXGA/SSH暗号化通信対応のIP-KVMを発売


掲載日:2012/04/05


News

 富士通コンポーネント株式会社は、ネットワーク経由でマシンルームなどのKVMコンソールを制御できるIP-KVMの新モデル「FW-Dシリーズ2ndバージョン」3機種を4月に発売する。価格はオープン価格。

 同社のIP-KVMは、サーバのキーボード/ビデオモニタ/マウスのコンソール信号をIP化し、ネットワーク経由でリモート操作できるようにした製品。

 今回の新モデルは、1ユーザ/8ポート「FW-D1108NP」、2ユーザ/16ポート「FW-D2116NP」、8ユーザ/32ポート「FW-D8132NP」の3機種。ビデオ解像度は最大UXGA(1600×1200ドット)までに対応している(オプションのサーバ接続ユニット「FW-DSM03/VMC」が必要)。また、アウトオブバンドネットワーク経由のSSH暗号化通信を用いて、リモートから直接シリアルポートを制御することで、セキュアな管理を行なえる(オプションのサーバ接続ユニット「FW-DSM03/SRL」が必要)。

 電源は2重化され、冗長化対応が強化されている。また、ブラウザベースの操作画面が、リモート側に加えローカル側にも装備され、使い勝手が向上している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038876


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ