HDE、第三次LGWANに対応したLinuxサーバ管理ソフトウェアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


HDE、第三次LGWANに対応したLinuxサーバ管理ソフトウェアを発売


掲載日:2012/03/29


News

 株式会社HDEは、地方公共団体向けに、総合行政ネットワーク(LGWAN)への接続を容易に行なえるLinuxサーバ管理ソフトウェア「HDE Controller X LG」を4月9日に発売する。価格は、サポート1年付で15万2250円(税込)。

 「HDE Controller」は、Webやメール、DNS(Domain Name System)、メーリングリスト、アカウント管理などの各種サーバ管理に対応したWebベースのサーバ管理ソフトウェア。「HDE Controller LG」は、Linuxサーバにインストールするだけで、既存のLANやインターネット環境を壊さずに、LGWANへのスムーズな接続を図れる。LGWANサービスを利用するために必要な、メール/DNS/ファイアウォールなどの機能を1台のサーバで提供する。送信先/受信サーバの振り分け、メールアドレス付け替えなど、LGWAN接続に求められる機能も簡単に設定できるほか、1つのメールアカウントで通常のメールとLGWANメールの両方を利用することもできる。


出荷日・発売日 2012年4月9日 発売
価格 15万2250円(税込、サポート1年付)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Linux」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Linux」関連情報をランダムに表示しています。

「Linux」関連の製品

「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識 【日本アイ・ビー・エム】 IBM LinuxONE 【日本アイ・ビー・エム】 IBM LinuxONE 【日本アイ・ビー・エム】 アプラス事例:Linuxと高信頼ハードの“いいとこ取り”が作る信販サービスの未来 【日本アイ・ビー・エム株式会社】
Linux Linux Linux Linux
非構造化データ分析に求められるHPCシステムとは オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値 基幹業務システムでFinTechを活用、OSSとメインフレームはなぜ相性が良いのか? アプラスに学ぶ――Linuxと高信頼ハードの“いいとこ取り”のポイント

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038758


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ