OBC、レポート作成業務の効率化を図れる分析パッケージを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OBC、レポート作成業務の効率化を図れる分析パッケージを提供


掲載日:2012/03/29


News

 株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)は、ウイングアークテクノロジーズ株式会社のデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」と連携した、分析パッケージソリューション「Dr.Sum EA for奉行V ERP」を4月17日に発売する。価格はオープン価格。

 「Dr.Sum EA for奉行V ERP」は、分析の視点を柔軟に動かし、分かりやすい操作で集計結果を即時に会計レポートとして活用できる「Dr.Sum EA」を中堅・上場企業向けERPパッケージ「奉行V ERP」専用に最適化し、レポート作成業務の効率化とレポーティング分析を図れるパッケージ。データ抽出の繰り返し不要で、集計条件や要望の変更を即時に結果に反映させる“動く会計レポート”を作成でき、レポート作成にかかる作業負担の低減を図れ、様々な分析を行なえる。

 システム、導入支援ともにパッケージとして提供されるほか、推移表/対比表/予算実績対比表/仕訳明細一覧表など使用頻度の高い16種類の会計テンプレートを標準搭載しているため、初期開発が不要で、コスト圧縮と即時導入、即時稼働を図れる。「奉行V ERP」のデータが明細単位で「Dr. Sum EA」のDBに格納され、会計報告テンプレート画面上で直接確認できるため、必要な情報を効率的に把握できる上、報告レポートの精度向上を図れる。また、会計テンプレートをユーザ向けのレポートにカスタマイズするコンサルティングサービスも用意されるなど、初期投資の抑制と個別レポートの両立を図っている。

 16種類の会計テンプレートを搭載しているほか、パッケージ化された導入サポート支援サービスが提供される。レポート作成工数の削減を図れ、大容量データの処理速度向上を図れる。また、報告内容の変化に柔軟に対応でき、様々な視点からの集計を行なえるほか、項目の変更による数値の変動を即時にレポートに反映できる。


出荷日・発売日 2012年4月17日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

食品飲料業界の課題に特化、固有の業界ニーズに対応するERPは何が違うのか 【インフォアジャパン】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 Plaza-i:機器販売保守業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBA ITソリューション】 Excelの生産管理はもう限界、海外工場の成功から国内拠点の導入へ展開 【インフォアジャパン】
ERP ERP ERP ERP ERP
食品飲料業界の課題に特化、固有の業界ニーズに対応するERPは何が違うのか パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
機器販売(輸出入、ロット・シリアル在庫、部品展開)と機器保守(保守契約管理:前受請求、売上月次均等計上、前受戻し)の複合業態に強いERPパッケージ。 【直販のみ】 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 Excelの生産管理はもう限界、海外工場の成功から国内拠点の導入へ展開

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038740


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ