NTTデータ先端技術、標的型サイバー攻撃の耐性強化サービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ先端技術、標的型サイバー攻撃の耐性強化サービス提供


掲載日:2012/03/29


News

 NTTデータ先端技術株式会社は、標的型のサイバー攻撃から企業・組織の情報保護を図るために、現状の耐性把握と効果的な強化策実施を支援する「標的型攻撃耐性強化サービス」の提供を4月2日に開始する。

 「標的型攻撃耐性強化サービス」では、攻撃に対する耐性(弱さ)を網羅的に可視化する。また、不審なメールに対して適切な行動を身に付けられる“模擬標的型メール攻撃訓練サービス”などを行ない、重要情報搾取の被害最小化を支援する。

 ユーザの、標的型攻撃への耐性を網羅的に評価し、評価結果をもとに、耐性や要望に合わせた支援策の提案を行なう。標的型攻撃対策の評価では、ネットワーク、クライアントPC、サーバといったシステムの“入口対策”“出口対策”という観点、人・組織の“リテラシー対策”“早期回復対策”の観点から、網羅的に標的型攻撃に対する対策状況を評価し、耐性を可視化する。耐性の強化・向上を図るため、セキュリティ製品などのソリューションの提案に加え、システムの設定や運用の改善によるリスク低減も考慮し、適切な対策へのロードマップを提案する。

 具体的な耐性強化策として、模擬標的型メール攻撃訓練サービスなどの提案を行なう。模擬標的型メール攻撃訓練サービスでは、従業員のセキュリティリテラシーの現状を測るほか、訓練を通じて不審なメールに対する適切な行動を身に付けることで、重要情報搾取の被害最小化を図る。

 具体的には、標的型メール攻撃に関する事前教育を行なったあと、模擬標的型メールを従業員に実際に送付し、擬似攻撃の成功(不審なメールを開いてしまう)率や、組織ごとの傾向の統計・分析の結果を情報システム部門に報告する。これにより、情報システム部門では、従業員のセキュリティリテラシーの現状を把握できる。また、従業員は標的型攻撃を疑似的に体験し、開封後の適切な行動についてのアドバイスを受けることで、標的型メール攻撃への心構えができ、結果的に組織全体の耐性の向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

インシデント多発に悩まされる教育業界、将来に向けたセキュリティ対策とは? 【ヴイエムウェア/ダイワボウ情報システム】 サイバー攻撃分析サービス 【日立ソリューションズ】 事例:「社内LANで何かが起きている!?」具体的な脅威の把握で対処が可能に 【トレンドマイクロ株式会社】 企業の49%が不正C&Cサーバと通信の事実が発覚、未知の脅威には気付かず 【トレンドマイクロ株式会社】 セキュリティ診断サービス 【日立ソリューションズ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
「教育IT」徹底討論:学校を狙うサイバー攻撃の現状と最新の対策 日立ソリューションズのセキュリティエキスパートの知見・ノウハウを活用することで、日々高度化するマルウェア攻撃の分析を行うサイバー攻撃分析サービス。 スパム検知率を把握できてる? 誤検知を防ぐ社内LAN可視化方法 振る舞い検知や機械学習の連携が鍵、未知の攻撃を防ぐ方法 最新セキュリティ技術を駆使したセキュリティ診断と分かりやすい報告書により、増大するセキュリティ侵害と情報漏えい事件に対する効果的な対策方法を提供するサービス。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038738


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ