NTTデータ先端技術、標的型サイバー攻撃の耐性強化サービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ先端技術、標的型サイバー攻撃の耐性強化サービス提供


掲載日:2012/03/29


News

 NTTデータ先端技術株式会社は、標的型のサイバー攻撃から企業・組織の情報保護を図るために、現状の耐性把握と効果的な強化策実施を支援する「標的型攻撃耐性強化サービス」の提供を4月2日に開始する。

 「標的型攻撃耐性強化サービス」では、攻撃に対する耐性(弱さ)を網羅的に可視化する。また、不審なメールに対して適切な行動を身に付けられる“模擬標的型メール攻撃訓練サービス”などを行ない、重要情報搾取の被害最小化を支援する。

 ユーザの、標的型攻撃への耐性を網羅的に評価し、評価結果をもとに、耐性や要望に合わせた支援策の提案を行なう。標的型攻撃対策の評価では、ネットワーク、クライアントPC、サーバといったシステムの“入口対策”“出口対策”という観点、人・組織の“リテラシー対策”“早期回復対策”の観点から、網羅的に標的型攻撃に対する対策状況を評価し、耐性を可視化する。耐性の強化・向上を図るため、セキュリティ製品などのソリューションの提案に加え、システムの設定や運用の改善によるリスク低減も考慮し、適切な対策へのロードマップを提案する。

 具体的な耐性強化策として、模擬標的型メール攻撃訓練サービスなどの提案を行なう。模擬標的型メール攻撃訓練サービスでは、従業員のセキュリティリテラシーの現状を測るほか、訓練を通じて不審なメールに対する適切な行動を身に付けることで、重要情報搾取の被害最小化を図る。

 具体的には、標的型メール攻撃に関する事前教育を行なったあと、模擬標的型メールを従業員に実際に送付し、擬似攻撃の成功(不審なメールを開いてしまう)率や、組織ごとの傾向の統計・分析の結果を情報システム部門に報告する。これにより、情報システム部門では、従業員のセキュリティリテラシーの現状を把握できる。また、従業員は標的型攻撃を疑似的に体験し、開封後の適切な行動についてのアドバイスを受けることで、標的型メール攻撃への心構えができ、結果的に組織全体の耐性の向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】
セキュリティ診断
Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038738


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ