レッツページ、Windows 7〜2000対応のバックアップソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レッツページ、Windows 7〜2000対応のバックアップソフトを発売


掲載日:2012/03/28


News

 株式会社レッツページは、IT災害対策に利用できる、データのバックアップソフト「FileGee」のダウンロード販売を開始した。

 「FileGee」では、PC1台にインストールでき、外付けHDDやUSBメモリ・FTPサーバなどのバックアップに適した「FileGeeスタンドアローン2012」と、ネットワーク上で使用する「FileGeeエンタープライズ2012」が用意されている。また、「FileGeeスタンドアローン2012」のパッケージ版も発売される予定。

 ダウンロード後、ライセンスを入力するまでは、“起動回数50回”または“連続して100時間まで”体験版として利用できる。また、Windows 7/Vista/XP/2000/2003 Server/2008 Serverの、32/64ビット版、各エディションに対応する。

 リアルタイムに世代別管理やミラー同期を利用できるほか、ファイルの暗号化やFTPに対応している。世代別管理では、上書きされたファイルのみを日付ごとに整理し保存するため、少ない容量でバックアップでき、Webサイト管理では、FTP内のデータを素早くバックアップできる。また、エンタープライズ版は、VPNが構築されている環境下では、本社・支店間など遠隔地に双方向でバックアップでき、データ紛失のリスク軽減を図れる。

 上書き保存などでファイルに変更が加えられた場合、自動で検知し即座にバックアップ処理が行なわれる。FTP経由のバックアップは、FTPS暗号化通信(SSL/TLS)に対応している。曜日・時間・日付・間隔など、様々なスケジュールが提供され、状況に応じた環境で大切なファイルを確実にバックアップできる。また、サービスモードで動作し、PCの電源を入れるだけで、バックグラウンドで動作する。

 バックアップしたファイルをより安全に保護するため、高速で暗号化しバックアップ先に格納する。増分バックアップで世代管理する機能を使用することで、1週間前や1ヵ月前の状態にファイルを戻せる。また、簡単操作でバックアップと復元を行なえるほか、タスクの進行状況がリアルタイムで表示される。

 ファイル分割機能を備え、例えば1つのファイルを3分割し、それぞれをUSBメモリに保存して担当者ごとに管理する場合、すべてのファイルが揃わなければ、ファイルを開けないため、流出対策も図れる。また、自動シャットダウン機能、履歴リストでタスクを管理する機能、開いているファイルも強制的にバックアップする機能も備えている。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 【クエスト・ソフトウェア】 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 【Commvault Systems Japan】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】 重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 【日本ヒューレット・パッカード】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。 小松製作所事例:バックアップ見直しで伝送量85%削減と業務軽減も実現 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038731


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ