採用:CTCの遠隔地データ保管をTOKAIコミュニケーションズが採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:CTCの遠隔地データ保管をTOKAIコミュニケーションズが採用


掲載日:2012/03/28


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供するパブリッククラウドサービス「OneOffice クラウドファイルサーバサービス」の遠隔地データ保管先として、ネットアップのバックアップ技術を利用したパブリッククラウド型データバックアップサービス「クラウドバックアップ for NetApp」を提供した。

 「クラウドバックアップ for NetApp」は、ネットアップのストレージ「NetApp FASストレージ」に蓄積されたデータを、CTCのデータセンタ内に設置されたストレージへ遠隔地保管するサービス。今回、「OneOffice クラウドファイルサーバサービス」と連携する環境が構築された。これにより、「OneOffice クラウドファイルサーバサービス」の利用者は、よりセキュアなデータ保管サービスを利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 「重複排除+容量課金」でコストを大幅削減、サーババックアップの新機軸とは 【ねこじゃらし】 ActiveImage Protector plus CLUSTERPRO X 【ネットジャパン】 ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない 【日本ヒューレット・パッカード】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 サーババックアップは「重複排除+容量課金」コスト大幅削減、災害対策もできる 鉄壁の復旧体制を確立 自治体の戸籍情報システムに学ぶ障害対策手法 ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038729


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ