オーエス、折りたたみ型の太陽光発電機の受注を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オーエス、折りたたみ型の太陽光発電機の受注を開始


掲載日:2012/03/22


News

 株式会社オーエスは、太陽光発電モバイルソーラーシリーズに、屋外でノートPCを長時間利用するために開発された「GSN-160B」を追加し、受注を開始した。価格はオープン価格。

 「GSN-160B」は、DC19V/64Wの出力を備え、外付けバッテリと組み合わせることで、ノートPCなら6時間の長時間作業を行なえる(バッテリ容量4500mAhを目安にした想定値)。折りたたみ型を採用したことで、発電量を大型化する際の軽量化を図り、64Wの大型でも重さ約5kgを達成している。また、収納性も向上していて、付属の収納バッグに入れて持ち運べる。

 DC19V/32Wのソーラーシート2枚、出力ケーブル、連結ユニット、外付けバッテリ(リチウムイオンポリマー電池)が組み合わせられた製品で、ソーラーシートが1枚の「GSN-130B」、オプションでソーラーシート+出力ケーブル(連結ユニットなど別)の「GSN-130N」も用意されている。

 ソーラーシートから、いったんバッテリに蓄電し、ノートPCなどの電源として使用する。バッテリからの出力は、各種モバイル機器の接続アタッチメントやケーブルが用意されていて、DC19V、DC5V(USB)、DC10.5V(UMPCなど)の同時出力を行なえる。

 ソーラーシートとバッテリをセパレートし、折りたたみにしたことで、設置性が向上しているため、テントの屋根に広げたり、木に吊り下げたり、ベランダから下げることもできる。ソーラーシートとバッテリは、付属の出力ケーブルを利用することで、5m離した位置に設置することもできる。

 フレキシブルなアモルファス太陽光発電シートを採用しているため、軽くて、折りたたみでき、簡単に持ち運べる。シートは、屋外を想定したハードユースにも対応した防水性能(IP13)を備えている。また、バッテリパックや付属品を収納でき、簡単に持ち運べる大型収納バッグを標準装備している。

 これらにより、屋外用の電源が足りない場所で、ノートPCの電源用太陽光発電機として利用できるほか、携帯電話充電、モバイル端末、携帯ラジオなどの電源として利用できる。無電化地域の電源や、停電時の電源などとしても利用できる。



出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

「オーエス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038629


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ