NEC、高騒音下でも音声認識を行なえる無線ヘッドセットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、高騒音下でも音声認識を行なえる無線ヘッドセットを発売


掲載日:2012/03/21


News

 日本電気株式会社(NEC)は、地下鉄の車内並みの高騒音下でも利用できる音声認識装置「VoiceDo」の新製品として、PCまたはPDAとヘッドセットの間の音声通信を無線(Bluetooth)で行なう「無線ヘッドセット」を4月下旬に発売する。

 「VoiceDo」は、工場でのデータ入力、市場のセリ、物流現場や、食肉検査、企業の受注センタでの受注出荷入力など、様々な用途・環境で利用できる。今回の新製品では、PC/PDAとヘッドセットの間のケーブルが不要で、ヘッドセットだけを装着して音声を入力できる。これにより、現場でもケーブルの取り回しを気にする必要がなく、より安全に業務への専念を図れる上、装置本体を携帯せずに、動きながら作業できる。

 音声用マイクと別に騒音用マイクを搭載。2つのマイクで同時に周囲騒音を収集し、音声マイクの入力から騒音マイクの入力を差し引くことで雑音成分を除去できる。騒音が大きく、かつ、騒音の周期や種類が変動する工場などでも、認識性能を向上できる。また、認識結果を確認するための、音声合成を用いた応答機能も装備している。

 ヘッドセットにBluetooth 2.1(Class1)を搭載し、マイクで収集した音声を無線でPC/PDAに送信できる。音声合成による応答音も、無線でヘッドセットへ送信できる。また、ヘッドセットは、単3ニッケル水素充電池1本で約8時間利用できる(使用する電池の容量・特性や、使い方により、バッテリ保持時間は変動する)。

 価格は、PDAタイプ(PDA本体を含む)が54万円から、PCタイプ(PC本体は別売)が51万円からで、いずれも音声認識合成ソフトウェアと無線ヘッドセットが含まれる。


出荷日・発売日 2012年4月下旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038628


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ