セカンドファクトリー、Azureにバックアップできる製品など発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セカンドファクトリー、Azureにバックアップできる製品など発売


掲載日:2012/03/21


News

 株式会社セカンドファクトリーは、Windows Azure Platformを活用してデータをバックアップできるほか、SharePoint Serverの専用WebパーツからWindows Azureのストレージを利用できる「KnowledgeGATE Cloudlink」(KG Cloudlink)を発売した。

 「KG Cloudlink」では、「KG Cloudlink for Windows Azure」「KG Cloudlink for SharePoint」「KG Cloudlink for Office 365」の3製品が用意されている。

 「KG Cloudlink for Windows Azure」では、使用中のファイルサーバからAzureストレージにバックアップでき、災害発生/サーバ故障時に備えたBCP施策として活用できる。最大で10世代のバックアップ履歴を保持できる。ファイルサーバ/Azure間で自動的に処理されるため、ユーザはバックアップを特に意識する必要がない。また、バックアップのタイミングやローカルファイル削除時の挙動など、詳細な設定が可能。

 「KG Cloudlink for SharePoint」では、SharePoint Serverの専用WebパーツからWindows Azureのクラウドストレージを利用でき、大容量のファイルをSharePoint上でスムーズにやり取りできる。SharePointのドキュメントライブラリと同様の操作で利用できる。

 「KG Cloudlink for Office 365」では、SharePoint Onlineでも、「KG Cloudlink for SharePoint」同様にWebパーツを利用できる。

 価格は、月額3980円から(Azureストレージ利用料込)で、詳細は要問い合わせ。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

日本ペイント、グループ統合DB基盤、無停止運用の秘策 【日本オラクル株式会社】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 KDDIエボルバが実現 専門家が不要な効率的DB基盤リプレースとは 【日本オラクル株式会社】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
日本ペイント、グループ統合DB基盤、無停止運用の秘策 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 KDDIエボルバが実現 専門家が不要な効率的DB基盤リプレースとは

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038624


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ