ユーザックシステム、メールでのEDIの自動化ソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユーザックシステム、メールでのEDIの自動化ソフトの新版を出荷


掲載日:2012/03/19


News

 ユーザックシステム株式会社は、企業間でのメールを活用したEDI業務を自動化するソフトウェア「Autoメール名人」の新バージョン「v2.0」を出荷した。

 「Autoメール名人」は、メールの送受信や添付ファイルの処理、データ変換など、一連のメール操作を自動化するためのソフトウェア。受発注や入出荷、実績報告など、様々な業務の自動化を図れる。

 今回の新バージョンでは、メール受信時のプロトコルとして、POPに加えIMAPにも対応した。IMAPでは、受信したメールがサーバ上で管理されるため、PCやスマートフォンなど複数の端末でメールを見る場合の利便性に優れている。

 また、インターネット上で情報を暗号化して送受信するSSL通信や、メール受信時の通信を暗号化するSTARTTLS、メール受信パスワードを暗号化するAPOPなどのプロトコルにも対応したため、セキュアな環境下でのメール業務も自動化できる。


出荷日・発売日 2012年3月15日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038615


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ