SAS、統合マーケティング・マネジメントを図れる新製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAS、統合マーケティング・マネジメントを図れる新製品を提供


掲載日:2012/03/19


News

 SAS Institute Japan株式会社(SAS)は、マーケティング業務の統合的な管理と最適化を図れる「SAS Marketing Operations Management」の提供を2012年第3四半期に開始する。

 「SAS Marketing Operations Management」は、マーケティングの業務プロセス統合、予算配分と実行管理、デジタルコンテンツの管理、マーケティングの効果測定・分析などの機能を包括的に提供するマーケティング・ソリューション。統合的なマーケティング管理プラットフォームがSaaS形式で提供され、マーケティング・プログラムのプランニング、実行、最適化を、より容易、効率的に行なえるように支援する。

 マーケティング予算の計画/登録や現場での費用支出の登録を簡易に行なえ、売上実績などのデータを取り込むことで、マーケティングROI(投資対効果)を的確に管理できる。また、キャンペーン実施の承認プロセスをワークフローで管理でき、企画内容のレビューや承認をオンラインで行なえるため、キャンペーンの実施スピードの向上を図れる。自社に加え、支社、販社、関連会社を含む、外部関連会社からのキャンペーンも登録/管理できるため、全社的なキャンペーン実行状況を管理・共有できる。

 本社や関連会社で実施されるキャンペーンのコンテンツ(メール本文、Webサイト、パンフレット、ダイレクトメール、CM映像など)を広告代理店と共有、一元管理できるため、チャネル間で整合性がとれた、より効果的なキャンペーンを実施できるほか、コンテンツ制作の重複発注を削減する効果も図れる。

 SaaS形式で提供されるため、短期間で利用を開始でき、小規模での活用から開始し、利用状況に応じて全社的な活用に拡大していくこともできる上、システムインフラなど初期コストの低減を図れる。登録したキャンペーンを、同社のキャンペーン管理ソリューション「SAS Marketing Automation」と連携させ、顧客DBからキャンペーンリストを抽出したり、キャンペーンの実施までを自動化する仕組みを構築でき、キャンペーンの実施本数の拡大にも対応できる。また、ソーシャルメディア分析ソリューション「SAS Social Media Analytics」で収集/分析した、インターネット上の“顧客の声”をデータとして取り込み、自社や製品に対する顧客の評価を定量的なKPIとして予実管理できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 EMOROCO(エモーショナルCRMソリューション for Dynamics CRM) 【アーティサン】
CRM CRM CRM CRM CRM
営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 顧客の感情(心)及び、企業が新しくマーケットインするための情報を“見える化“できる、AIを搭載したCRM。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038606


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ