日本オラクル、SPARC T4を搭載したエントリ・サーバを提供

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、SPARC T4を搭載したエントリ・サーバを提供


掲載日:2012/03/16


News

 日本オラクル株式会社は、Webサーバからデータウェアハウスまで、様々なアプリケーションに適用できる、「SPARC T4」プロセッサ搭載サーバのエントリ・モデル「Netra SPARC T4」2機種の提供を開始した。

 「Netra SPARC T4」は、旧機種に比べ、単一スレッドあたりの処理速度が5倍以上高速化されている(同社調べ)。シングル・スレッド性能が重視されるミッション・クリティカルなワークロードと、大量データの同時並列処理の、両方の性能に優れているため、性能要求が異なる複数のアプリケーションを1台のサーバに集約し、システムを簡素化して稼働率を改善できる。

 搭載されるクラウドOS「Oracle Solaris 11」は、サーバの仮想化機能に加え、ネットワークやストレージ・リソースの仮想化機能も提供するので、サーバ単体で仮想LANや仮想スイッチ、ストレージ・プールを構築でき、インフラ全体を包括的に管理できる。

 追加コストなしに仮想化技術“Oracle VM for SPARC”や“Solaris Zones”を使用でき、「Oracle Solaris」インスタンスの仮想化に加え、各仮想サーバに構成される仮想ネットワーク・インターフェースと仮想スイッチを用いたネットワーク仮想化機能が提供される。仮想サーバは数秒程度で設定でき、暗号化されたセキュアなライブ・マイグレーション機能が搭載されている。

 暗号化アクセラレータをプロセッサに搭載し、16の業界標準暗号化技術に対応しているため、通信や医療・金融サービス業界、公的機関など、セキュリティに敏感な組織・団体のデータ安全性を確保できる。

 通信事業者向け機器の仕様規定で最高レベルの“NEBS Level 3”の認定を受けていて、電源安定性/電磁波放射/耐震性など、安定運用に関する高い水準を満たしている。また、省エネを図るデータセンタに設置できる直流給電モデルと、一般企業でも利用できる交流給電モデルの両方が提供される。

 4コアまたは8コアの「SPARC T4」プロセッサ1個を搭載した「Netra SPARC T4-1」と、8コアの同プロセッサ2個を搭載した「Netra SPARC T4-2」が用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038597


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ