ライフボート、ファイルサーバなど向けバックアップソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ライフボート、ファイルサーバなど向けバックアップソフトを発売


掲載日:2012/03/12


News

 株式会社ライフボートは、ファイルサーバなどのWindows Server上のファイルをリアルタイム、またはスケジュール処理に基づいて、自動的に外付けHDDやNASにバックアップできるソフト「LBファイル バックアップ3 Server」を3月16日に発売する。価格は、シングルライセンス版が6万8000円。

 「LBファイル バックアップ3 Server」は、データ量が多く更新頻度も高いファイルサーバのデータを、NASや外付けHDDに効率的に短時間でバックアップできるソフト。バックアップは、リアルタイムやスケジュールなど、様々なタイミングの設定を行なえるため、データの使用頻度やファイルサイズにあわせて、適切な条件でバックアップを行なえる。また、バックアップされたデータは、圧縮と暗号化が同時に行なわれるため、保存先の容量を節約しながら、安全にバックアップできる。

 ウィザードを利用して簡単に設定できるほか、ファイル単位/フォルダ単位でリストアを行なえる。バックアップファイルの世代管理を行なえるほか、バックアップ元とバックアップ先の同期機能を備えている。また、バックアップ/リストアのログ、メール通知機能も備えている。


出荷日・発売日 2012年3月16日 発売
価格 シングルライセンス版:6万8000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

「バックアップはどれも同じ」ではない、ビジネスを加速するツール選びとは 【Veeam Software Japan】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ベンダーによる長年の機能改善もあり「バックアップツールは今やどの製品も大差ない」と考える向きもあるだろう。そんな中で、企業規模を問わず注目を集める製品がある。 ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038528


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ