日本テラデータ、SSD/HDDハイブリッド最上位機種の新モデル出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本テラデータ、SSD/HDDハイブリッド最上位機種の新モデル出荷


掲載日:2012/03/12


News

 日本テラデータ株式会社は、Teradataデータウェアハウス(DWH)用超並列プラットフォームの最上位機種の新モデル「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6690(Teradata Active EDW 6690)」の出荷を開始した。

 「Teradata Active EDW 6690」は、リアルタイム性が求められるオペレーショナルBIや、大量データに対する複雑な分析を行なうデータマイニングやCRMなど、多数のアプリケーションを同時に稼働させる企業など向けのモデル。

 ハイパフォーマンスなSSDと大容量のHDDのハイブリッド型ストレージと、仮想化ストレージ技術“Teradata Virtual Storage”を搭載している。SSDとHDDが従来の3.5インチからコンパクトな2.5インチタイプに変更されたことで、従来機種「Teradata Active EDW 6680」に比べ搭載可能ドライブ数が2倍になり、単位データあたりのパフォーマンスは、HDDベースの「Teradata Active EDW 6650」に比べ最大2.2倍向上する。

 エネルギー消費、設置面積も、2.5インチドライブを採用したことで、同等パフォーマンスの「Teradata Active EDW 5650」に比べ、それぞれ最大60%削減された。「Teradata Active EDW 6690」は、最大53PBまで拡張できるため、コストを削減しながら、更に高速なパフォーマンスで分析を行ないたい場合に適している。

 価格は、最小構成で1億5000万円(ハードウェア、ソフトウェア込み)から。


出荷日・発売日 2012年3月9日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「DWH」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DWH」関連情報をランダムに表示しています。

「DWH」関連の製品

多様化する環境、急増するデータ量……データ管理の課題をどう解決する? 【インフォマティカ・ジャパン】 ゲオが「LOBのアドホック分析」と「900万人の顧客データ分析」を両立できるわけ 【日本アイ・ビー・エム】 「AI時代のデータ活用基盤」に関するアンケート 【日本アイ・ビー・エム】 クラウドデータ管理の利点は? 「Azure SQL Data Warehouse」活用のコツ 【インフォマティカ・ジャパン】 「3つのハイブリッド」に対応せよ──機械学習・AI時代のデータ蓄積基盤構築 【日本アイ・ビー・エム】
DWH DWH DWH DWH DWH
多様化する環境、急増するデータ量……データ管理の課題をどう解決する? ゲオが「LOBのアドホック分析」と「900万人の顧客データ分析」を両立できるわけ 【ギフト券が当たる】AI時代のデータ活用基盤に関するアンケート クラウドデータ管理の利点は? 「Azure SQL Data Warehouse」活用のコツ 「3つのハイブリッド」に対応せよ──機械学習・AI時代のデータ蓄積基盤構築

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038526


IT・IT製品TOP > データ分析 > DWH > DWHのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ