SolidWorks、テクニカル・コミュニケーションツールの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SolidWorks、テクニカル・コミュニケーションツールの新版を発売


掲載日:2012/03/09


News

 ソリッドワークス・ジャパン株式会社(SolidWorks)は、3次元CADデータを活用したテクニカル・コミュニケーションツール「3DVIA Composer V6R2012x」を4月2日に発売する。

 「3DVIA Composer V6R2012x」は、3次元資産を手順書・指示書に活用できる新機能を備え、“スマートアウトライン”では、フィレットの中央線にまとめたデフォルメイメージをクリック操作で生成できるほか、BOMテーブルの動作が強化され、出力したSVGファイルに加え、「3DVIA Composer」の操作画面上でもBOMと連動したハイライト・個別設定を行なえる。スタイルの機能も拡張され、線幅・色・フォントなどスタイルの設定が使いやすくなり、大量の指示書や手順書のフォーマットに合わせて作成する時に利用できる。

 作業効率の向上を図れる新機能が追加され、3次元資産からの活用に加え、既存ドキュメントの有効利用も図れる。コラボレーションアクターのコピー/貼り付けでは、異なるファイルのアクター(パーツ)をWindows操作と同様にコピー/ペーストできるようになり、Wordなどの既存資料からも簡単に利用できる。ナビゲーションボタンの機能拡張も行なわれ、“最初へ、次へ、前へ、最後へ”それぞれに対応したコントロールボタンを容易な操作で配置できるようになった。また、SolidWorksの回転・パニングなどのマウス操作設定を、ボタン操作で「3DVIA Composer」にも適用でき、SolidWorksのユーザも違和感なく、「3DVIA Composer」を活用できる。

 販促ツールへの活用も行ないやすくなった。カメラの機能が拡張され、複数のカメラを設定できるようになり、第1アングル・第2アングル・第3アングルの切り替えを含めたアニメーションを作成でき、番組のようなコンテンツを簡単に作成できる。また、Diggerでは、高解像度イメージのキャプチャを行なえるようになり、細部を見やすくした正確なコンテンツを制作できる。


出荷日・発売日 2012年4月2日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038485


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ