I-Oデータ、ストレージ仮想化ソフトを標準搭載したNASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、ストレージ仮想化ソフトを標準搭載したNASを発売


掲載日:2012/03/09


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、株式会社オレガのストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」を標準搭載したネットワークHDD「LAN DISK HDL-ZWSV」シリーズを4月上旬(予定)に発売する。

 「VVAULT」は、仮想ドライブサービスを稼働させた状態でデータのバックアップ/リストア/マイグレーションなどを行なえる新技術“VVAULTライブ・テクノロジー”を搭載し、小・中規模事業者(SMB)が求めるデータの急増や高度なバックアップに対応する。

 今回発売される「HDL-ZWSV」シリーズは、Windows Storage Server 2008 R2を搭載したハイパフォーマンスNASで、2TBの「HDL-Z2WS2.0V」、4TBの「HDL-Z4WS4.0V」、8TBの「HDL-Z4WS8.0V」が用意されている。「VVAULT」を標準搭載したことで、データの急増対策に利用できるほか、高度なバックアップ機能を利用できる。

 ストレージ仮想化統合機能を利用することで、同シリーズの容量が不足した場合には、別のストレージを追加して容易に容量を拡張できるほか、複数のストレージにある余剰容量を統合して利用できるため、利用量のばらつきに対処でき、リソースの有効活用と一元管理を図れる。

 ストレージのリプレース時に発生するデータ移行作業をファイルサービスを止めずに行なえるため、データ移行中でも完了を待たずに目的のファイルにアクセスでき、ストレージの切替を業務中に実現できる。ファイルの共有設定やアクセス権限も引き継いで移行できるため、ストレージの柔軟な追加/取り外しを行なえる。

 ライブ・バックアップ機能を利用して、仮想ドライブ(マスタドライブ)のデータをバックアップドライブにファイル単位でリアルタイムにコピーすることで、冗長性を確保できる。また、仮想ドライブの構成HDDに障害が発生し、ファイルにアクセスできなくなった場合でも、バックアップドライブから該当ファイルを自動的に別の構成ドライブにコピーして提供する“ライブ・リカバリ機能”を備え、ダウンタイムを抑えたストレージを提供できる。

 今後I-Oデータは、「LAN DISK Z」シリーズ(Windows Storage Server 2008 R2搭載モデル)に標準で「VVAULT Professional OEM新規1年」をインストールして発売するほか、2年目以降の更新ライセンスも同社で提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 【arcserve Japan】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038483


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ