ラリタン、データセンタ向けの資産/環境管理ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラリタン、データセンタ向けの資産/環境管理ツールを発売


掲載日:2012/03/08


News

 ラリタンは、データセンタ向けITアセット管理ツール「AMT/AMS」と、環境管理のスマートラックコントローラ「EMX」を発売した。

 「AMT/AMS」は、ITアセットの追跡管理を行なえるインテリジェントなツール。ラック周りのメタリックな環境での使用を考慮し、ユニークなIDチップとバーコードを備えた電子IDタグ「アセットマネジメントタグ(AMT)」をITデバイスに物理的にシールで接着する。読み取りセンサ「アセットマネジメントセンサ(AMS)」は、ラックに磁石で取り付けられ、モジュール形式なので、ラックに合わせた長さで調整・設置でき、ITアセットの位置情報を、変更も含めてリアルタイムに、正確・効率的に管理できる。

 SNMP(Simple Network Management Protocol)通信を行なえるデバイスと連携するほか、近日発売予定の「Dominion PX2」シリーズや「EMX」、またはサードバーティ製のITアセット管理ツールにも対応できる。

 「EMX」は、ラック周りの環境監視を行なうIPベースのアプライアンス。温度、湿度、気流、気圧、煙、水、ドアの開閉やWebカメラの映像に加え、「AMT/AMS」からの資産情報など各種情報を収集、管理する。収集したデータを基に、冷却システムの見直しや設備の再配置を行なうことで、データセンタの省エネを図れる。

 温度、湿度、気圧、煙、水、ドアの開閉、Webカメラ、資産情報など、様々なセンサやデバイスとの接続をサポートし、包括的な環境監視を支援する。また、エネルギー管理ソフトウェア「Power IQ」またはサードパーティ製データセンタ管理ツールに情報を提供できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038477


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ