日本HP、クラウド/仮想化環境のIT性能分析などのツール群を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、クラウド/仮想化環境のIT性能分析などのツール群を発売


掲載日:2012/03/08


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ITの構成情報と稼働状況を可視化し、監視と分析の自動化を図れる統合IT運用管理ソリューション「HP Business Service Management 9」(HP BSM 9)を拡充し、クラウド/仮想化環境でのIT性能の将来予測を行なえる分析ツール群「HP Service Intelligence」を発売した。

 「HP Service Intelligence」は、複数の監視領域にわたるビジネスサービスとトレンドに関するレポートを作成でき、ビジネス目標の観点からビジネスサービスの健全性を評価し、IT環境の包括的な監視を行なえる分析ツール群の総称で、IT環境の問題を発生前に予測して、ビジネスへの影響を回避して、迅速に問題の処置を図れ、動的なクラウド/仮想化環境でも安定的なIT運用を図れる。

 予測分析ツール「HP Service Health Analyzer」、キャパシティ管理ツール「HP Service Health Optimizer」、レポーティングツール「HP Service Health Reporter」で構成されている。

 「HP Service Health Analyzer」は、ランタイム・サービスモデルをベースに構築され、HP独自の即時異常検出エンジンを搭載、様々な分析手法を利用して、クラウド/仮想化環境での問題の発生を予測分析する。異常が検出されると、管理ソフトウェアにアラートを送信し、ビジネスへの影響を防止する。環境内のしきい値が自動的に学習されるため、メンテナンス作業の軽減を図れる。

 「HP Service Health Optimizer」は、“ランタイム・サービスモデル”のデータから、クラウド/仮想化環境の動的なITリソースの変化を可視化、各サービスのコストとパフォーマンスのバランスを評価して、キャパシティの最適化を図る。また、トレンド分析やWhat ifシナリオを利用して、将来的なキャパシティの予測と計画を支援する。

 「HP Service Health Reporter」は、サイロ化されたクラウド/仮想化環境全体のパフォーマンス情報を1画面に集約して表示、クラウド/仮想化環境の動的な変化を的確に識別できる。クロスドメインのレポートが提供され、ビジネスサービスとインフラストラクチャの相関関係を示し、サービス視点からクラウド/仮想化環境の健全性を把握できる。

 価格は、「HP Service Health Analyzer」が800万円から、「HP Service Health Optimizer」が480万円から、「HP Service Health Reporter」が800万円から。


出荷日・発売日 2012年3月7日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ハイブリットクラウド運用における課題…根本的解決を図るには? 【ネットワンシステムズ/日本CA】 オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 まだまだハードルが高いIT運用の自動化――無理なく導入するには? 【イーツ】 オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
面倒なハイブリットクラウド運用…“根本的解決”の進め方とは? オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
まだまだハードルが高いIT運用の自動化――無理なく導入するには? オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038476


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ