日本HP、クラウド/仮想化環境のIT性能分析などのツール群を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、クラウド/仮想化環境のIT性能分析などのツール群を発売


掲載日:2012/03/08


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ITの構成情報と稼働状況を可視化し、監視と分析の自動化を図れる統合IT運用管理ソリューション「HP Business Service Management 9」(HP BSM 9)を拡充し、クラウド/仮想化環境でのIT性能の将来予測を行なえる分析ツール群「HP Service Intelligence」を発売した。

 「HP Service Intelligence」は、複数の監視領域にわたるビジネスサービスとトレンドに関するレポートを作成でき、ビジネス目標の観点からビジネスサービスの健全性を評価し、IT環境の包括的な監視を行なえる分析ツール群の総称で、IT環境の問題を発生前に予測して、ビジネスへの影響を回避して、迅速に問題の処置を図れ、動的なクラウド/仮想化環境でも安定的なIT運用を図れる。

 予測分析ツール「HP Service Health Analyzer」、キャパシティ管理ツール「HP Service Health Optimizer」、レポーティングツール「HP Service Health Reporter」で構成されている。

 「HP Service Health Analyzer」は、ランタイム・サービスモデルをベースに構築され、HP独自の即時異常検出エンジンを搭載、様々な分析手法を利用して、クラウド/仮想化環境での問題の発生を予測分析する。異常が検出されると、管理ソフトウェアにアラートを送信し、ビジネスへの影響を防止する。環境内のしきい値が自動的に学習されるため、メンテナンス作業の軽減を図れる。

 「HP Service Health Optimizer」は、“ランタイム・サービスモデル”のデータから、クラウド/仮想化環境の動的なITリソースの変化を可視化、各サービスのコストとパフォーマンスのバランスを評価して、キャパシティの最適化を図る。また、トレンド分析やWhat ifシナリオを利用して、将来的なキャパシティの予測と計画を支援する。

 「HP Service Health Reporter」は、サイロ化されたクラウド/仮想化環境全体のパフォーマンス情報を1画面に集約して表示、クラウド/仮想化環境の動的な変化を的確に識別できる。クロスドメインのレポートが提供され、ビジネスサービスとインフラストラクチャの相関関係を示し、サービス視点からクラウド/仮想化環境の健全性を把握できる。

 価格は、「HP Service Health Analyzer」が800万円から、「HP Service Health Optimizer」が480万円から、「HP Service Health Reporter」が800万円から。


出荷日・発売日 2012年3月7日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「日本ヒューレット・パッカード」セミナー

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 従業員の業務量は限界寸前? ITサービスの自動化に向けて取るべき5つの行動 【ServiceNow Japan】 オンプレミスで「IT as a service」は実現可能か? 新たなIT投資モデルを探る 【日本ヒューレット・パッカード】 IT投資コストの最適化、オンプレミスで従量制のリソース調達を実現するには? 【日本ヒューレット・パッカード】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 従業員の業務量は限界寸前? ITサービスの自動化に向けて取るべき5つの行動 オンプレミスで「IT as a service」は実現可能か? 新たなIT投資モデルを探る IT投資コストの最適化、オンプレミスで従量制のリソース調達を実現するには?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038476


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ