SMbrand、ECシステムをパッケージでセミASPサービスとして提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SMbrand、ECシステムをパッケージでセミASPサービスとして提供


掲載日:2012/03/07


News

 株式会社SMbrandは、自社開発のECシステムと運営・広告ノウハウを含めた単一ECサポートを他社に提供するサービスを、“セミASPサービス”として開始した。

 今回提供開始されたサービスでは、ユーザのニーズに対して構築されたASPシステムと広告、運営などがセットで提供される。ASPシステムは、商材に合わせて構築できる。広告、運営は、リスティング、アフィリエイト、純広告、SEO(検索エンジン最適化)対策と従来の形態に加え、バズマーケティング、リアルマーケティング、SNSなどの広告形態に対応する。運営も商材・属性に合わせた開発が行なわれるほか、ユーザ動向のテスト運営でデータ化されたデータをもとに運営を行なえる。顧客ニーズに合わせることで、客単価や売上の増加を図れる。なお、同サービスを提供した場合の目標は、提供前売上の300%に設定されている。

 ECサイト制作、運営では、ECサイトをフルフィルメントサポートし売上向上を支援する。ECサイトデザイン制作、ECサイトシステム構築に加え、サーバ開発、保守、メンテナンスが提供されるほか、ECサイト企画・運営、メルマガ企画・配信が提供される。受注管理、商品管理業務、カスタマーサポートサービス、アフターサポートサービス、倉庫業務(在庫保管)、梱包、配送業務(配送業者委託部分あり)、決済代行(代引き決済、クレジット決済、コンビニ決済)など、ECサイト運営に関する業務一式が提供される。

 商品に関する撮影などでは、商品の付加価値向上や撮影などでのコストダウンを図り、イメージモデルのブッキングなど商品撮影業務一式の代行を行なう。また、広告部分のコンサルティングでは、SEO対策、リスティング広告、アフィリエイト広告、純広告、バズマーケティング、リアルマーケティングを一括管理し、広告が連動することで効率化を図る。

 商品制作部分のコンサルティングでは、商品企画・制作に関するノウハウを使用して、コンテンツホルダーに提供する。アパレル商品の制作、小物商品の制作、化粧品や装飾品の制作、アーティストグッズの制作など、商品制作に関する業務一式が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EDI」関連情報をランダムに表示しています。

「EDI」関連の製品

クラウド型企業間購買支援サービス 「購買WEBEDI/STANDARD」 【NEC】 EDIシステムに迫りくる「2024年問題」――情シスを救うその解決策とは? 【ワイ・ディ・シー】 Hi-PerBT ウェブ購買・購買管理(製造業向け) 【日立ソリューションズ西日本】 企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】
EDI EDI EDI EDI
資材・原材料などの企業間購買業務のクラウドサービス。多言語、多通貨に対応。カスタマイズにより「自社専用システム」のような環境を実現可能。 EDIシステムに迫りくる「2024年問題」――情シスを救うその解決策とは? 製造業で必要な生産材、消耗品、設備などの購入手配に対応した購買業務改善パッケージ。依頼部門からの購入申請、上長承認など購買業務の効率化を短期間・低コストで実現。 B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038459


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EDI > EDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ