アズジェント、標的型攻撃を防御できる脅威リストサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アズジェント、標的型攻撃を防御できる脅威リストサービスを提供


掲載日:2012/03/07


News

 株式会社アズジェントは、ファイアウォールと連動することで、ボット等を使用した標的型攻撃を防御できる「脅威情報リストサービス」の提供を開始した。販売予定価格は48万円。

 「脅威情報リストサービス」では、攻撃指令サーバの情報を収集した脅威情報リストと、そのリストをファイアウォールと連携させるためのプログラムを提供する。PCがボットに感染しても、ファイアウォールが脅威情報リストをもとに、攻撃指令サーバへのアクセスそのものをブロックできるため、機密情報の漏洩を防止できる。

 既存のファイアウォールを利用できるため、すぐに運用を開始できる。また、脅威情報リストは日々更新される上、リストのダウンロードからルールへの変換までのプロセスが自動実行されるため、管理者への負担も抑えられる。

 対応製品はCheck Point Security Gatewayで、順次追加される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 販売予定価格:48万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

脱クラウドでもクラウド依存でもない選択肢「ハイブリッドIT」、その課題は 【ユニアデックス株式会社】 次世代ファイアウォールを選定する際に犯してはいけない5つの間違い 【パロアルトネットワークス】 CloudGen Firewall Fシリーズ(旧 NextGen Firewall Fシリーズ) 【バラクーダネットワークスジャパン】 ネットワークユーザーの動向を可視化して組織を保護するNGFWソリューション 【パロアルトネットワークス】 ネットワーク内のアプリケーションを柔軟に管理し、組織を守るソリューション 【パロアルトネットワークス】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
ハイブリッドクラウドからハイブリッドITへ――真の適材適所とは 次世代ファイアウォールを選定する際に犯してはいけない5つの間違い UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
ネットワークユーザーの動向を可視化して組織を保護するNGFWソリューション ネットワーク内のアプリケーションを柔軟に管理し、組織を守るソリューション

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038450


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ