エルザジャパン、PCoIP処理をCPUに代わって行なえるカードを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エルザジャパン、PCoIP処理をCPUに代わって行なえるカードを発売


掲載日:2012/03/06


News

 株式会社エルザジャパンは、VMware ESXを使用しているサーバ向けに、PCoIP専用プロセッサ「TERA 2800」を搭載した、PCI Express x8スロット専用のオフロードカード「Teradici APEX 2800」を3月2日(予定)より順次発売する。

 「Teradici APEX 2800」は、従来VMware ESXサーバ内のCPUが行なっていたPCoIPプロトコルのイメージエンコーディングを、CPUに代わって処理できるため、CPUリソースを仮想マシンへ柔軟に割り当てられるようになる。また、ボード1枚で最大64ディスプレイをサポートできるため、1つのサーバでより多くの利用者に対応でき、全体的なITコスト削減を図れる。

 様々なPCoIPゼロクライアントやVMware Viewソフトウェアクライアントとの互換性を備え、VMware ESX/ESXi 4.1 Update 1以降、VMware Viewの4.6以降の環境で動作する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】
シンクライアント シンクライアント
HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038425


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ