シャープ、手書き入力できるタブレット型学習端末を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャープ、手書き入力できるタブレット型学習端末を発売


掲載日:2012/03/05


News

 シャープ株式会社は、10.1インチワイド液晶にタッチパネルを採用し、付属のペンで手書き入力できる、タブレット型学習端末「JL-T100」を3月下旬に発売する。価格はオープン価格。

 「JL-T100」は、外光の映り込みを抑えるノングレア液晶を採用、低反射なので、文字や図形を見やすく、付属のペンは断面が丸みを帯びた三角形で持ちやすい。タッチパネルは画面に手が触れても反応しにくい“抵抗膜方式”を採用、手を添えて細かい文字を書き込めるため、紙を使用した学習と同様に、手で書いて学習できる。

 よく使用する教材(コンテンツ)を簡単に表示できる“ホームメニュー”、教材に手書きで記入できる“教科書・ノート”、効果的なリスニング学習を行なえる“動画・音声”を搭載、指導や学習方法に合わせて活用できる。“ホームメニュー”では、壁紙やアイコンをカスタマイズでき、学年ごとのメニュー画面も作成できるほか、生徒の使用を考慮した各種機能の制限も設定できる。

 “教科書・ノート”では、デジタル化した教材を表示でき、メモやマーカーなど手書きで記入したり、ノートをとったり、紙の教科書とノートのような感覚で学習できる。教科書とノートはワンタッチで切り替えられ、メモやノートの内容は自動的に保存される。また、マーカー部分を一時的に隠す“暗記モード”を搭載し、振り返り学習に活用できるほか、表示したいページを簡単に開ける“しおり機能”や、教材に合わせてタテ・ヨコを切り替えて表示する機能も用意されている。“動画・音声”では、授業などの動画や音声ファイルを4段階の速さで再生でき、効果的なリスニング学習に活用できる。

 タッチディスプレイ「BIG PAD」と連携した、インタラクティブな教育ソリューションを構築でき、先生は個々の生徒の学習状況を把握したり、クラス単位の理解度を比較できるなど、効果的な学習指導や生徒の学力向上に適したツールとして活用できる。プラットフォームにAndroid 2.3を採用し、オープンな開発環境で、様々なアプリケーションを作成できる。また、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)やBluetoothに対応し、学習管理システムと無線環境でネットワークを組める。

 手書き入力した文字をテキストに変換できる“手書き文字認識機能”を採用しているほか、トメやハネなど手書きに近い表示を行なえ、筆写の手本にも利用できる教科書体のフォントを搭載している。


出荷日・発売日 2012年3月下旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038418


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ