インテック、販売管理システムで電材卸業界向けテンプレート発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インテック、販売管理システムで電材卸業界向けテンプレート発売


掲載日:2012/03/02


News

 株式会社インテックは、販売管理ソリューションパッケージ「社長の右手」で、「電材卸業界向けテンプレート」を3月に発売する。

 「社長の右手」は、主に中堅企業向けのシステムで、販売管理業務に必要な機能に加え、財務会計や生産管理システムなどの業務システムとのインターフェースや、内部統制に対応するための証跡管理機能なども標準装備している。今回の「電材卸業界向けテンプレート」では、電材卸業界の多商品/多頻度取引に対応するための機能や在庫管理機能が強化されている。見積から実績まで一貫した物件管理を行なえることで、業務のスピード化、サービス向上を支援する。

 銅相場変動に対応した販売単価の設定機能が用意され、条長(電線の長さ)での在庫管理や切出しにも対応しているほか、エコ素材を使用した電線に対する増値設定も行なえる。また、見積のバージョン管理や成約状況の管理を含む見積情報の統合管理機能が用意されているほか、値引処理を行なう際は、入力明細への一括掛率値引や伝票単位での一括値引計算を行なえる。

 多品種商品の単価改定に対応するため、Excel連携機能が用意されている。得意先への納期回答をより迅速に行なうために、回答手段としてFAX送信とメール送信に対応している。また、売上自動作成機能/一括仕入自動作成機能を備え、在庫品では、受発注入力時に売上伝票を自動作成し、手配品では、仕入一括計上時に自動作成できる。当日入荷予定の発注明細をリスト表示し、仕入数量/仕入単価を修正し実行することで、選択された明細の仕入伝票を自動で作成することもできる。

 発注点管理機能が強化され、現在庫/受注残/発注残を加味して発注点を管理し、発注点を下回った商品に関しては、リストから一括発注できる。売上仕入同時修正機能も強化され、手配品の売上データは、売上の情報に加え、原価に該当する仕入情報も同時に修正できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「販売管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販売管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「販売管理システム」関連の製品

N-town販売管理サービス 【NEC】 プロジェクト(契約)管理型フレームワークシステム New_PRM 【エー・ワークス】 販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3 【日立ソリューションズ西日本】 MD自動化ソリューション GLOVIA smart Pastel Plus 【富士通】 情報サービス業向け販売管理ソリューション ProPlus Sales-suite 【プロシップ】
販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム
アパレル卸・小売業の業務に必要な機能を標準化することで、低価格でのサービス提供を実現。月額料金で利用可能な販売管理サービス。 ベースとなるシステムをカスタマイズすることで、汎用的なパッケージソフトでは対応できない個別業務やプロジェクトの管理に対応したシステムをコストを抑えて構築できる。 システム構造化された部品群(テンプレート)を組み合わせることで、短期間・低コストで構築できる販売管理・生産管理システム。 小売・専門店業界に特化したマーチャンダイジング自動化ソリューション。MD、販売管理、店舗BO業務、商品情報分析などの幅広い業務をカバー。 情報サービス業に数多くの導入実績を持つパッケージシステム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038374


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 販売管理システム > 販売管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ