日立ソリューションズ、ソフト開発向け“モノづくり支援”を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソリューションズ、ソフト開発向け“モノづくり支援”を提供


掲載日:2012/03/01


News

 株式会社日立ソリューションズは、ソフトウェア開発の品質・コスト・納期(QCD)の課題に対処するモノづくり支援ソリューション「MICrew」の提供を開始した。

 「MICrew」は、同社の経験とノウハウを活用し、現状の分析・診断から、具体的な課題解決までを、開発現場でユーザとともに実践し、ソフトウェアのモノづくり力を向上することで、事業を成功させるためのQCD目標達成を図る。

 QCDの改善に必要なモノづくり力を6カテゴリ(マネジメント、技術力、規則・基準・手順、開発環境・設備、組織力、改善力)に分け、問題を抱えるプロジェクトの開発現場に入り、現場視点でのヒアリングや実績データ分析などを行なうことで、ユーザのモノづくり力を分析し、カテゴリ別に現状のQCDの課題を抽出する診断サービスを行なう。その課題に対して、同社のソフトウェア開発に関わる分析・診断、開発プロセス、教育、技術・手法、開発環境、ツールといった総合力を活用して、ユーザとともに現場で課題解決を図り、QCD改善を図る。また、変化するプロジェクトの状況、新たなリスク・問題点などを的確に把握し、具体的な取り組みを継続的に行なう。

 同社の技術者がユーザの開発現場に入り、現場で起こっている課題を客観的に把握する。次に、抽出課題に対して、開発支援ツールの活用、開発インフラの整備、テストの自動化、新技術・新手法の導入、開発プロセス・開発体制の再構築、オフショア開発の活用などを活かして、同社の技術者がユーザとともに、課題の解決に取り組む。また、実施結果の振り返りとして、統計手法を使用した効果分析を実施、そこで得られた教訓・ノウハウ・実績データの組織横断的な蓄積・展開を行なうことで、ユーザの継続的なモノづくり力向上を図る。

 “6つの改善ステップ”で構成され、ユーザの状況に応じて、初期診断・詳細診断のステップから始める場合と、ソリューション提案のステップから始める場合の、2つのアプローチを行なえる。その後、ソリューションの実施、効果分析のステップを繰り返し実施することで、ユーザのモノづくり力を継続的に向上させ、より高いQCDの目標達成を図る。

 同社の総合力を6つのサービスカテゴリ(分析・診断、開発プロセス、教育、技術・手法、開発環境、ツール)で、様々なサービスが提供され、ユーザのモノづくり力向上を支援し、QCDの課題解決を図る。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発環境/BaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発環境/BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「開発環境/BaaS」関連の製品

Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 モバイルアプリ開発製品導入ガイド 【アカマイ・テクノロジーズ】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。 モバイルアプリ開発製品導入ガイド

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038363


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ