EMC、NASをHDFSにネイティブ対応、Hadoop向け環境を構築可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、NASをHDFSにネイティブ対応、Hadoop向け環境を構築可能に


掲載日:2012/03/01


News

 EMCジャパン株式会社は、スケールアウトNAS「EMC Isilon」をHDFS(Hadoop Distributed File System)にネイティブ対応させ、提供を開始した。

 HDFSにネイティブ対応した「Isilon」では、Hadoopの分析処理に必要なデータ領域を計算ノードと分離し、スケールアウトNASに集約できる。これにより、エンタープライズクラスの拡張性/可用性/データ保護(スナップショット/レプリケーション/バックアップ)を備えたHadoop向けのストレージ環境を構築できる。また、「Isilon」は様々な標準プロトコル(NFS/CIFS/FTP/HTTP)に対応しているため、蓄積される分析対象データの共有ストレージとして利用でき、システムの複雑さの解消やデータ移動の高速化を図れる。

 同社は今後、ApacheベースのHadoopディストリビューション「Greenplum HD」と「Isilon」との連携を進め、連携ソリューションの提供を2012年第2四半期以降に開始する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 最大80%の圧縮効果も、オールフラッシュで基幹系コストを最適化 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る AIの活用はストレージの革新から始まる、そのワケは?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038362


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ