エプソン、最大毎秒300mmのレシート/スリッププリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、最大毎秒300mmのレシート/スリッププリンタを発売


掲載日:2012/02/29


News

 エプソンは、業務用小型プリンタ「TM」シリーズで、サーマルレシート/スリップ対応の「TM-H6000IV」を発売した。価格はオープン価格。

 「TM-H6000IV」は、ラインサーマルとインパクトドットマトリクスの2種類の印字方式に対応。レシート出力と、領収書/配送指示伝票などの単票・複写伝票出力を同時に使用する、百貨店/ホテル/レストランなどに適している。

 レシート部では、最大毎秒300mmの印字が可能なほか、信頼性の基準となるMCBF(メカニズム)は9600万行、オートカッター寿命は200万カットと、信頼性・耐久性も向上している。

 レシートの余白削減量をプリンタ側で指定・記憶し、文字やグラフィックのサイズを縮めずに上下余白・空白行を削減でき、印字スピードに影響なく用紙の長さを短縮できる“自動用紙節約機能”を搭載している。また、用紙カット前に次のレシートのトップロゴを印字することで用紙の先端部を削減できる“ロゴ先打ち用紙節約機能”も備えている。

 レシートは、グラフィックの濃淡を調節した多階調で印刷でき、店舗ロゴやクーポンなどをより美しく印刷できる。また、レシートの交換はロールを投入するドロップイン方式で簡単に行なえるほか、スリップ部の排紙機構部では、紙ジャム発生時にオペレータ自身で詰まった用紙を取り除ける。

 USB/シリアル インターフェースを搭載した「TMH60004US」と、USB/パラレルを搭載した「TMH60004UP」が用意されている。


出荷日・発売日 2012年2月28日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038339


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ