クライム、VMware vSphere対応の総合管理・データ保護製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クライム、VMware vSphere対応の総合管理・データ保護製品を発表


掲載日:2012/02/28


News

 株式会社クライムは、米国Veeam Softwareが開発した、VMware vSphere対応のローコストな仮想化総合管理・データ保護ソリューション「Veeam Essentials」を発表した。

 「Veeam Essentials」は、VMware vSphere仮想化環境をサポートする2/4/6CPUソケットベースで、小中規模向けのローコストな仮想化総合管理・データ保護ソリューション・パッケージ。バックアップとレプリケーションを統合した仮想環境対応の高速で堅固なデータ保護ソリューション「Veeam Backup & Replication」、トラブルシュート用のリアルタイム監視・アラーム・ソリューション「Veeam Monitor」、変更管理・レポーティング・ソリューション「Veeam Reporter」の3製品が含まれている。

 ライセンス構成は、各製品を2CPUソケット分にパッケージし、同一ユーザに3セットまで販売される。「Veeam Essentials Standard」には「Veeam Backup & Replication Standard」が、「Veeam Essentials Enterprise」には「Veeam Backup & Replication Enterprise」が含まれる。

 価格はオープン価格で、1年間のソフトウェア・メンテナンスとサポートが含まれる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 高い操作性のバックアップソフトウェアで、ランサムウェアの脅威に立ち向かう 【アール・アイ】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 高い操作性のバックアップソフトウェアで、ランサムウェアの脅威に立ち向かう 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038309


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ