オプロ、Salesforceユーザ向け帳票作成クラウドサービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オプロ、Salesforceユーザ向け帳票作成クラウドサービスを発売


掲載日:2012/02/27


News

 日本オプロ株式会社は、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドサービスのユーザ向けの帳票作成クラウドサービス「Report Engine 2」を発売した。

 「Report Engine 2」は、セールスフォース・ドットコムの「Sales Cloud」「Service Cloud」「Force.com」上でネイティブに動作する。ウィザード形式で簡単にレイアウトを作成できるデザイナー機能を利用してVisualforceのソースコードを自動生成でき、「Sales Cloud」「Service Cloud」「Force.com」でPDF帳票を利用できる。

 セールスフォース・ドットコムの英語サイト“AppExchange”を通じて提供され、利用料金は年間300米ドルから。


出荷日・発売日 2012年2月23日 発売
価格 年間300米ドル〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「帳票管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「帳票管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「帳票管理システム」関連の製品

e-文書法対応でコスト削減と効率化、働き方改革を実現する方法 【PFU】 e-文書法対応で業務を効率化、「紙ベースの作業」から脱却する方法とは? 【PFU】 帳票電子活用ソリューション SVF PDF Archiver 【ウイングアーク1st】 帳票公開ソリューション「快速サーチャーGX」 【インテック】 クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】
帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム
業務書類の電子保存を認めるe-文書法。改正で導入メリットは増えたが、対応へのハードルが高いと感じる企業が多いようだ。e-文書法対応の実例と法対応の要点を識者に聞く。 e-文書法対応で業務を効率化、「紙ベースの作業」から脱却する方法とは? 帳票の安全で効率的な保管・管理する帳票電子活用ソリューション。電子帳票ツールやドキュメント管理ツールでは対応が難しいPDF帳票の管理と検索ニーズに対応。 社内だけでなく社外へもセキュアな環境で帳票公開を実現。日々の問い合わせ業務や顧客向けの帳票公開業務、契約書管理業務など様々なシーンで利用可能。 国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038297


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ