I-Oデータ、ビジネスNASを「Dropbox」とIPv6に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、ビジネスNASを「Dropbox」とIPv6に対応


掲載日:2012/02/27


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、ビジネスNAS「LAN DISK XR」をクラウドストレージサービス「Dropbox」とIPv6に対応させたと発表した。

 今回、「Dropbox」に対応し、クラウドストレージとNASを連携させることで、スマートフォンとの連携など、インターネットを使用してファイルを共有できる。「LAN DISK」の指定フォルダを「Dropbox」と同期することで、社内で「LAN DISK」に共有化したファイルを外出先でもスマートフォンやPCから閲覧/編集/削除できる。

 また、今回公開されるファームウェアを適用することで、IPv6にも対応し、IPv6ネットワーク上でも「LAN DISK XR」を利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能 【日本ヒューレット・パッカード】 スケールアウト型NAS「Cloudy NAS/GLS」 【ニューテック】 仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避 【富士通+他】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 ダイハツ工業事例:仮想化環境刷新 オールフラッシュストレージの効果 ラックマウントNAS「Cloudyシリーズ」のハードウェアに、レッドハットのRed Hat Gluster Storageを搭載したスケールアウト型のストレージプラットフォーム。 仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038294


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ