リバーベッド、WAN最適化専用機器と拠点統合を図れる機器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リバーベッド、WAN最適化専用機器と拠点統合を図れる機器を発売


掲載日:2012/02/27


News

 リバーベッドテクノロジー株式会社(リバーベッド)は、「Steelhead」製品群を拡張し、WAN最適化専用機器「Steelhead CX」シリーズと、仮想化基盤を利用して拠点統合を図れる「Steelhead EX」を2012年第1四半期(予定)に発売する。

 「Steelhead CX」シリーズは、帯域幅や地理的条件による制限に対処し、生産性とデータ転送速度の向上、ロケーションを選ばないシームレスなアプリケーションパフォーマンスを提供するほか、総所有コスト(TCO)を上昇させずに、従来の「Steelhead」アプライアンスを上回る容量とスループットを達成している。

 「Steelhead EX」シリーズは、同社のWAN最適化ソリューションを基盤に、仮想サービスを稼働させる専用プラットフォーム“Virtual Services Platform”を備え、メモリ、ディスク、CPUの容量に加え、ソリッドステートドライブ(SSD)をサポートし、エンタープライズクラスの支店オフィス用の多機能機器として利用できる。

 「Steelhead EX」アプライアンスは、仮想サービスを稼働させる専用プラットフォームを備えた“VSP”を搭載し、支店オフィスの統合を進められる。VMwareの仮想化テクノロジーを利用することで、企業は、DNS(Domain Name System)/DHCP/アクティブディレクトリ/印刷/メディアストリーミング/セキュリティサービス/サードパーティーソフトウェアといったサービスの仮想化インスタンスを実行できるように設計されている。

 また、「Riverbed Granite」を追加することで、アップグレードでき、新しいアーキテクチャアプローチ“エッジ仮想サーバインフラストラクチャ”(エッジVSI)を利用できる。“エッジVSI”は、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)がデスクトップに対して行なうことをエッジサーバに対して実行できるため、IT部門はデータセンタ内のすべてのエッジサーバを統合、管理でき、TCOを20〜50%削減できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038290


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ