BUG、専用テンキーなど組み合わせたポイント端末パッケージ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BUG、専用テンキーなど組み合わせたポイント端末パッケージ発売


掲載日:2012/02/24


News

 株式会社ビー・ユー・ジー(BUG)は、iPhone/Androidスマートフォン/おサイフケータイに対応したFeliCaリーダ「ピットタッチ・ミニS」と液晶パネル搭載専用テンキーを組み合わせ、ポイント端末として利用するためのパッケージ「ピットタッチ・ミニS ポイント端末パッケージ」を4月2日に発売する。

 「ピットタッチ・ミニS ポイント端末パッケージ」は、ポイント端末として利用するために専用ファームウェアを搭載した「ピットタッチ・ミニS」とテンキー、これらを接続する専用ケーブルで構成され、利用金額に応じたポイント加算や現在のポイント数の参照を行なう簡易ポイントシステムを構築できる。なお、ネットワークが利用できない環境でのサービスを想定している。

 テンキーでポイントを入力し、スマートフォンやおサイフケータイをリーダにタッチすると、スマートフォン等にURLが通知される。通知されるURLは、入力されたポイント数や端末の情報などが暗号化された文字列で構成され、アクセスすることでポイントが加算されたり、ポイントの参照を行なえる。

 暗号化された文字列を復号化するためのライブラリが提供され、ユーザ自身でポイント端末パッケージを利用中のシステムやサービスに組み込むこともできるほか、モバイル販促向けサービス「ピットタッチサービス・ライト」も6月から対応する予定。

 同パッケージに含まれる「ピットタッチ・ミニS」は、専用ファームウェアで動作する。既に「ピットタッチ・ミニS」を利用している場合は、専用ファームウェアへのアップグレードが有償で提供され、テンキーと専用接続ケーブルのセットが販売される。


出荷日・発売日 2012年4月2日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

特権ID管理 CA Privileged Identity Manager 【アシスト】 特権ユーザ管理ソリューション 【CA Privileged Identity Manager】 【CA Technologies】 オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
「OSでは満たせないあらゆるイベントのアクセス制御」と「特権/共有アカウントのパスワード貸出制御」を実現できる特権ID管理製品。 特権ID管理ソリューション。ゲートウェイ型/サーバー制御型の2つのアプローチにより厳格な管理を実現する。PCI DSSなどの要件に対応し、監査対応にも有効。 複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。 今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038287


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ