日本HP、SSDを搭載し性能が向上したiSCSI仮想化ストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、SSDを搭載し性能が向上したiSCSI仮想化ストレージを発売


掲載日:2012/02/24


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、iSCSIを利用した仮想化ストレージを拡充し、SSD(半導体ストレージ)を搭載したハイパフォーマンス向けモデル「HP P4900 G2 SANソリューション」を発売した。

 「HP P4900」は、2ノード構成のベースモデルに、1ノードあたり400GB SSDを8基搭載し、合計6.4TBのストレージ容量を提供する。最大7万IOPSの処理性能を提供し、同処理のレスポンスタイムも3msと高速。標準で10ギガビットイーサネットを装備している。また、400GB SSDを8基搭載した1ノードの拡張用ユニットも用意されていて、ベースモデルに追加接続することでリニアに処理性能を向上できる。

 「HP P4000」シリーズのスケールアウトアーキテクチャを継承し、同シリーズ共通OS「SAN/iQ」を搭載している。ストレージクラスタリング機能により、オンラインで容量とパフォーマンスをリニアに拡張できるほか、ネットワークRAID機能によりノード(筐体)レベルでの可用性を備え、ダウンタイムを引き起こさずに構成を変更できる。シンプロビジョニング機能にも対応し、ボリュームとスナップショットの容量効率を向上できる。また、スナップショット機能により、容量効率に優れたボリューム保護とリモートレプリケーションを行なえるほか、リモートコピー機能により、コスト効果に優れたディザスタリカバリを行なえる。

 集中管理コンソール(CMC)にSSD管理機能“SMARTSSD Wear Gauge”を搭載。SSDの利用状況をリアルタイムで可視化でき、利用済み回数のパーセンテージや、利用状況から推測される残り寿命、寿命到達時期の予測など、複数のSSDを横断的に把握できる。

 価格は、ベースモデルが1995万円から、拡張用ユニットが1008万円から。


出荷日・発売日 2012年2月23日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「iSCSI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「iSCSI」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038279


IT・IT製品TOP > ストレージ > iSCSI > iSCSIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ