TOKAIコミュニケーションズ、ユーティリティ型仮想サービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TOKAIコミュニケーションズ、ユーティリティ型仮想サービス提供


掲載日:2012/02/23


News

 株式会社TOKAIコミュニケーションズは、ユーティリティ型のIaaS/PaaSサービス「BroadCenter クラウドプラットフォームサービス」の提供を3月に開始する。

 「BroadCenter クラウドプラットフォームサービス」は、パブリッククラウドの簡易性・コストメリット・調達スピードと、プライベートクラウドの堅牢性・高セキュリティ・高拡張性を兼ね備え、既存システムの大幅な変更不要で、様々な形態でコンピュータリソースの最適化を図れる。スモールスタートにも適した廉価で提供される。同社の様々なネットワークサービスや仮想ネットワーク技術と組み合わせて、企業内システムから公開サイト、SaaS用の事業インフラなど、様々な用途で柔軟に利用できる。また、BCP・DRへの対応を図れる、遠隔地の同社提携データセンタへのデータバックアップ機能も提供される。

 VMwareを利用した仮想サーバはCPUスペックに応じて4タイプ(Lite、Small、Medium、Large)が用意され、メモリ/ディスク追加も柔軟に対応するほか、OSは3タイプ(Windows、Red Hat、CentOS)から選択できる。死活監視(サーバ、プロセス)、リソース監視(CPU、メモリ、ディスク)、ログ監視が提供され、SSL-VPN経由でのセキュアなWebベースの仮想コンソール、各種設定/情報ポータルを利用した運用管理環境が提供される。クライアントはPCに加え、スマートフォンへの対応も予定している。

 インターネットVPN接続、専用線接続、コロケーション接続、インターネット接続など、要望に応じて複数の接続形態に対応し、様々なネットワークをシームレスに接続するサービスゲートウェイが提供される。ファイアウォール、ロードバランサなど各種アプライアンスを利用できるほか、同社のクラウドサービスとのシームレスな連携を図れる。高品質なストレージ(NetAPP)を利用したシステムディスクに加え、大容量共用ストレージが提供される。また、既存の物理環境や仮想環境からの移行を容易に行なえる、仮想マシンのエクスポート、インポート、クローン作成などの移行支援サービスが提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

サービス開発で差別化、メンテナンスフリーで最新環境を 【日本マイクロソフト】 タッチ操作、リッチなUI、多様なデバイス、簡単に開発する新手法 【日本マイクロソフト】 基幹業務システムの俊敏性と信頼性を最大化 クラウド移行の秘訣 【日本アイ・ビー・エム】 クラウドに関するアンケート 【ユニアデックス】 全クラウドサービスを再確認、自社に最適な形態は? 【日本電気】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
「これが新しいPaaSのかたち」今だからこそ伝える、PaaSの制限とできること MS担当者が本音で語る Windowsアプリ開発基盤導入のメリット・デメリット レガシーなワークロード、いつまでも使い続ける? 効率重視のクラウド移行指南 商品券5000円分が5名様に当たる! 「クラウド」アンケート 全クラウドサービスを再確認、自社に最適な形態は?

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20038248


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ